女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

聴診器を持って★湯の台トレッキング☆第2弾・・・の巻

前回のトレッキングに気をよくした私◎
熟年カップルのムード?もほど良く回復し・・∴∴
「パパ パパ 湯の台行ぐべ♪」
「ん」
こういうときの支度は早い館主。
一番乗りで・・例の木の杖をもち サッサと車に乗っています。
穏やかなお天気に誘われ・・・例の聴診器を忘れたコトもあり、3日後に再チャレンジとなりました!
「前田クン 行くよ!」
「ハイ」
・・・・・・・・・


先生∴に作ってもらった例の<ほうの木の杖>はやっぱり楽チンです♪

「あっ 今日は焼けそうだ▽」
思いがけないほどの陽射し・・・
今頃 子どもたちがスキー練習すると ゴーグルの痕のまんまに真っ黒に日焼けしてたなあー。
もう 10年も前の子どもたちの様子が目に浮かび、熟年カップル遠くを見つめます。
アノ頃はかわいかったニャー 

日焼けが怖い私・・・タオルで顔を隠し<ハンコタンナ>状態。

 <注釈>
 はんこたんなとは、東北地方南部で農作業時に顔に被る
 ハンコタンナ・袢衣手綱。袢衣は袢纏から肌着の意、手綱は、
 頭巾、鉢巻きの意。顔を覆う為に使用されていた布。
 江戸時代には今の山形県南部で農作業に於いて虫除け、
 日焼け止めに使われていた。

歩くこと15分・・・お目当てのぶな林に到着です。

「聞こえるかな?」

「?」
「先生 木の音聞こえないんですけど・・・?」
「??」
聴診器 おかしいのかな?
「パパ パパ 首貸してケロ」
「ん」


「聴診器は大丈夫みたい。」
「?」
山の先生も首をかしげています。

「??」

「前田クン やってみて」
「ハイ」

なんとも <木の博士>のような・・・似合いすぎる前田だな!

「聞こえませんねえー」
気の毒そうに報告する前田クン。

「先生 どうして聞こえないのですか?」
「前に かんじきトレッキングしたとき ジュルジュル・・・ザーザー・・・みたいに水が流れる音が確かに聞こえたんだジェ?!」
「・・・・・・」
ちょっと首をかしげて
「お母さん それもっと寒いときだったべ。」
「ウン 2月ぐらいダッケ。 かんじきつけて歩いたカラ」 
「・・・・たぶん 今は水が木全体に行渡ったからカモ?! 帰ったら調べてみるガラ。」

なんとも不思議です○Δ□


せっかく持ってきた<聴診器>で、本当は木の音の感動をご紹介する予定だったのですが・・・
今回は 時期によって聞こえない・・という<木の不思議>発見トレッキングとなりました。

「撮ったか?」
「はい 一応・・」
写真命令∴に自信なさそうに応える前田クン。
「なんだズー 一応って・・・ちゃんと撮ってケロな。」

写真をみてみると・・・
「ナイスショット!! なんだズー ちゃんと撮れてるジャン 前田クン」
「ハイ あっ 撮れてますね」

写真は<ダケカンバ>の木・・・カメラマン前田撮影デス。

先生によると・・
「前田クン 木の皮剥いてミロン。」
「ハイ あっ 横に剥けます。」
「そうです。 このダケカンバの木の皮は このように横に剥ぐことができる 白樺の仲間です。
昔は炊きつけに使ったモンダ。」 だそうです。
「なるほど」

またまたお勉強になった私たち。
今度は 千賀チャン&奥山クンたちと来るっっちゃ♪

いい空 ふんわり霞む春の山並み 
雪解けした後から いよいよ<ふきのとう>があちこちにみえています。

さあ 山菜の季節だな♪ 

春スケッチ | コメントはありません

コメントをどうぞ

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る