女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

山の先生とゴー♪湯の台トレッキング・・・の巻

「いいお天気♪ パパ パパ 湯の台行くべ!」

カメラマン佐藤チーフにお願いして3人でお出かけデス。
「うわあーい ずいぶん雪消えたニャー!」
「春だ 春だ」
わいわい感動の車中・・。ループ橋を渡り車で5分・・・湯の台高原に到着しました。


「雪固いから かんじきはいらないな。」
準備中の私たちを置いて・・いつものようにサッサと▽歩いていく館主。
奥の林まで1時間コースの予定デス!
佐藤チーフと私 ワラワラ(通訳:早く ダッシュで)追いつきます。
3人が揃いました。
「さあ 歩くよ!!」

「あー ふっくら芽が出てきてる」

「先生! この木は何の木ですか?」
(山に来ると 館主を<先生>と呼んでしまいます。)
「ウン どれ? 楓だな。」
「!」



そっかあ パパは雪へらを杖代わりにもってきています。
さすがあ ・・というかずるーい。 だから早いんだな∴

「お母さん この枝落として 杖にしたらいいんねが。」
右手一本で器用に<ほうの木>の枝を落として あっという間に杖を作ってくれました。
「すごーい!」
しかも 取っ手付!!
「先生 私コレに名前いれて 山歩き専用の杖にします!!」



山の館主は なんだかかっこいい!!

「先生! 先生・・杖あると歩くのがとっても楽です♪」
「んだが」
(通訳:そうですか。良かったですね。)

 写真は佐藤チーフ=カメラマンです。

「先生・・・これは何の木ですか?」

「なんか ぺたぺたするんだけど・・。」
「はい これは<栃の木>です。 家のロビーの囲炉裏の木だな。」
「このペタペタは寒さから芽を守っているのデス。」
「な・る・ほ・ど!!」


久しぶりに・・∴すっかり意気投合したような・・熟年カップル▽Δ

「これは<きはだ>です。」

「あっ これ 菊太郎じいちゃんが煎じてたヤツ? 朝市でも売ってるニャー。」
「んだ。 煎じて胃の薬にしたな。
患部が腫れたときに熱さましだな。酢と小麦粉と合わせて練って・・黄色の油紙に塗って貼ったもんだ。」
「そう そう じいちゃんの部屋にいくと よく酢のにおいしてた。」

他に ダケカンバの木やぶなの木を眺めて・・講釈を聞きます。
いちいち 感動するなあ!

さて ちょっとコーヒータイムをはさみ
それからちょっと急斜面の木々の間を潜り抜けて進みます。


「先生 結構 急なんですケド・・」
「ダイジョウブ」
「お母さん 木の根元は雪が解けてるガラ・・足とられないように。雪深いドゴあるから ゆっくりな。」
「はい!」

元気よく返事をして間もなくのこと。
「あっ」
注意されたのに 木の根元に足がどっぷりはまって脱出できなくなってしまった私▽▽
後ろからサポートの佐藤チーフに助けられてしまったのでした。
やっぱり 春の雪は足元注意ダナ。
こうしてこの春初めての<雪上トレッキング>を無事?終えた4月のある日のコトでした。
・・・・・
帰り道に
「これ 採っていくっちゃ!」
かえでやぶなの木々を手に颯爽と帰路に着いたとき・・・
「あっ 聴診器忘れてた▽ 」
木の脈動を聞く聴診器を忘れてたことに気づいた私。
「パパ パパ 明日もう一回 行ぐべ! 明日のカメラマンは前田クンだな。」
「んだな。」

春スケッチ | コメントはありません

コメントをどうぞ

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る