女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

秋はやっぱり★山形の芋煮ダベ♪・・の巻


「うわあー!んまそー♪♪」
(通訳:とっても美味しそうですねえ♪)

写真は昨秋に大沼カメラマン撮影の<山形名物★芋煮汁>
=ブログアーカイブはこちら
さすがデス♪
あれから1年・・・2012 山形はいよいよ芋煮会の季節を迎えました!

そこで 今日は元河原湯版☆芋煮レシピをアバウトにご紹介しちゃいます。
【材料】
里芋2キロ 平こんにゃく2枚 山形牛もも肉(バラ肉でも○) 長ネギ2本
濃口しょうゆ少々 調理酒少々 砂糖少々 味噌少々(味付けはお好みで・・・)
出汁適量   差し水適量

コロコロとした最上産の里芋デス!
「ヒデちゃーん 里芋抜いてケロ!」
「はいヨ!!」 
いい材料が揃ったところで・・・
【手順】
1.なるべく里芋の旨さを引き出すために・・皮むきは使わずナイフで皮を削いでいきます。
 なかなか根気のいるお仕事・・。
 手もちょっとかゆくなるので手袋がお奨めデス。
 芋煮はコノ下ごしらえがとても大事です。
 「ごくろうさま!ヒデちゃん」
 

新庄市北に位置する泉田の里芋はなかなか♪      ちょっとカメラ用に剥き過ぎた感じダナ∴

 

2.平こんにゃくは割り箸でツクツクさし・・・食べやすい大きさに手でちぎります。
 母から教わった下ごしらえですが、<なんでちぎるのか?>
 こうすることで味がしみ込み 包丁で切った感じとは全く違う食感でやはり旨いです。

3.柴田牛肉店から今日もいいお肉が届きました!
 今日は山形牛のもも肉を使用します。

4.鍋にサラダ油をひき山形牛を入れてサッと炒めます。
 お肉の色が変わったところで、調理酒・濃口醤油・出汁を加え煮つめます。

5.グツグツとお肉に醤油がしみ込んだところへ・・・
 食べやすい大きさに切った里芋と先程のちぎった平こんにゃくを加え、木べらで軽くかきまぜます。


6.そのままやや時間をおくと・・こんにゃくと里芋の水分がしみ出してきます。
 さらに軽くかきまぜます。
 汁気があがってきたところをみて・・・
7.ここでようやく水を差します。
 ポイント☆この水気があがってくるところをがまんする加減が、美味しさを決めるような気がします。


8.おとし蓋をして 砂糖そしてかくし味にお味噌を加えます。
味見をして整え・・・里芋が柔らかくなるまで煮込みます。


9.里芋に串が通るようになったところをみて・・・長ネギをドッサリ加えます。
 この長ネギが入ると味が一気に締まります。
 ネギに火が通れば出来上がり!!

まずは<山形芋煮汁>・・ぜひぜひちょっとアバウト▽なこのレシピでお試し下さい♪
きっとほくほくの芋煮になりますヨー!!

美味しいスケッチ | コメントはありません

コメントをどうぞ

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る