女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

パパロス∴∴11月22日記念日30年△▼・・・の巻

11月のある日のコト
夕方4時30分 時計をみながらいつものように・・・
「あっ そろそろ・・・。」
「パパ パパ そろそろ<そば>お願いします!」と言おうとしたとき
・・・・・・・・・・
「あっ  いないんだっけ▽ そっか∴そっか∴∴ 」

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
実は
館主・横山政志におきまして、11/7から入院治療させていただいております。
病名は小脳梗塞。
11/6の定期通院診察で見つけていただきました。
その後
約1か月の入院が必要との診断となり
山形県立中央病院脳神経外科で糖尿病治療することになりました。

・・・・・・・・・・
つきましては
<館主手打ち十割そば>について 当分の間お休みさせていただくこととなります。
大変申し訳ございませんが、ご理解ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
復帰した折にはまた改めて報告させていただきます。
なお、十割そばに替わり
新そばを使用した<そば豆腐の揚物>をメニューとさせていただきます。
そば粉と吉野葛を練り上げて揚げる・・佐藤チーフ特製のオリジナルな一品です。
新そばとゆずの香り、葛の食感、風味 をどうぞ お楽しみ下さいませ。

sobadoufu02222

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
「パパ ちょっとオー。勘弁してケロズウー▽」
(通訳:パパ ちょっと もういい加減にしていただきたいのですが・・・。)

これまで
14年前に 脳梗塞発症し バイパス手術をうける。
麻痺もなく普通の生活に戻る。
その3年後
再発し左腕に麻痺が残る。

そんなこんな関係の私たちなもので・・・
現場を仕切るオカミさんはキリキリ舞!の連続ではありましたね。

でも・・・それから約10年間
週一の通院、リハビリ指導の皆さんのおかげで みるみる元気になり
そば打ちもでき、少しの介助でほとんど生活できるレベルに!
体重コントロールも順調にして・・。
すると
畑に燃え始めての<横山農園>
とことん極めるぞ!<そば打ち&そば打ち講習会>
楽しい仲間が待っている<秘湯の会懇親会> へゴーゴーゴー!
旅館の業務はほどほどながら・・張りきって動いておりました。

0300000
papa54444444

「パパ 動くのもいいケド 動きすぎ∴ 気をつけてヨ! わかった!!」
「ん。」

そんな矢先の今回の診断。
脳内の血管の写真をみることになり・・・
ナント前とは別なところ=小脳に梗塞がある。その下の太い血管が詰まりかけている。との説明。
ふたり顔を見合わせてビックリ状態となりました。
何度か 脳のMR写真を見てきた私。
素人ながら 事の重大さに気づいたのでありました。
「ガアーン」

「パパ 今はなんともないの?」
「なんともナイ。」
「・・・・。ちょっとー∴ 危ない感じだったよー。見つかって良かったジャン・・パパ!」
「ンダな。」

もうひとつびっくりしたことが・・。
館主=パパの脳血管の写真をみると
そうなんです。
「この暗い部分は・・?」
「そうですね。 以前の梗塞で血管が通っていないトコロですね。」
真っ暗でなにも映っていないところが半分近いのでした。
「・・・・。」
「すっごいなあー! パパすごい!」
普通の人の血管の半分が通っていない状態で・・・
そばも打てるし、運転もできる、話しも普通、字は上手だし。

妙に 別な意味でちょっとウルウルになってしまった私デス。

でも
「まったく もう∴」
「またあー∴」
まもなく迎える<11月22日>ナント結婚30周年記念なのにイー・・。
「パパ ちょっとオー。勘弁してケロズウー▽」
と 心から言いたい私。
普段から そんなに前に立っている感じではないので、
「いるんだか いないんだか・・・自由人∴」
「フン」
家にずーっといるとちょっと面倒くさいことが多いから▽△ たまの出張は大歓迎ではあったのですが・・。

館主が入院してからの約10日間・・・
なんだか やる気が出ないアラフイー私。
なんだか 心許ない。不安。もっと・・・しておけば・・の後悔。の時間となってしまいました。
グダグダ 運命を憎んだり 泣いたり ため息をついたり。
特に困らないヨー 今までも・・・とどこか思っていたはずが
空気みたいに
「パパ!」と呼ぶと「ん。」の返事がない時間。

つまらない・・の一言。
しばらくして
「! もしかして これってパパロスじゃね?!」

そっか パパロス だったんジャン。
と思ったら 急にスイッチが切替わったのであります。

「しょうがねえなあー 30年のコンビだしイー。」の開き直りオカミ=私 と相成りました!

1511004727788888
入院して4日目の館主デス。
「ぜんぜん普通ジャン。」
「ゆっくり寝れた。」とスッキリした表情。

1511004745489999
糖尿病治療の食事デス。差し入れはお水のみ!

1511004752095555

「パパ やっぱり早く帰ってくるようにして下さい。
ぐち言える相手がいないとつまらないカラ。わかった?!」 とメールひとつ。
「わかった。」 の返信ひとつ。
「退屈だべカラ・・・病室で 年賀状の筆字 ヨロシク!!」
「わがっだ。」
と 筆と和紙を送る・・・アラフイー女将=私。

「パパ <不撓不屈> 書いてミデ!」
「ンダ・・な。」

ganba033333
*こちらは・・東日本大震災のときに館主が書いた<不撓不屈>の書デス。

「みなさーん ちょっと私もショック&グダグダしてしまいましたが・・・もう大丈夫デス!
館主がニコニコ帰るまで・・・よろしくお願いしまーす!!」
「ハイーっす!」
「はい!!」

さてさて 館主の留守をあずかる私&スタッフのみんなと一緒に・・・
チームワークでばっちり がんばります!!

「サトーさん カリフラワーのすり流し いい感じデス♪」
「奥山クン 雪囲いバッチリじゃん♪」
「千賀チャン パパの代わりの隣組回しもの・・サンキュ♪」
「ミナミちゃん お泊り番協力・・アリガトね♪」
「コウイチ君 今日も布団敷き・・37枚がんばりました!ご苦労様!」
「ヒデちゃん スズキさん 畑のかぶ&大根・・始末お願いネ!」
「修サン パパに届もの・・ ヨロシク!」

さあ 冬の始まりのとき
<パパロス>を越えて 行ってミッガナ!!

まずは ご報告ブログ とさせていただきます。

お知らせ, アラフイーのつぶやき, リハビリのコト | コメントはありません

コメントをどうぞ

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る