女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

カメラマン政志が行く★夏の終わり&秋の始まり♪・・の巻

2019080111111

コピー ~ masasi03

新庄まつり011

IMG_0012222

IMG_0016666

IMG_0028888

IMG_0049999

IMG_0053333

IMG_0030000

春スケッチ, 秋スケッチ, 館主の一句 | コメントはありません

お盆を過ぎて★31.7℃→20.3℃の肘折◎残暑お見舞い申し上げます♪・・・の巻

2019081002222222

 「お母さん 3階・・・涼しくなったッケ。」
と 上の書を書いた館主がポソっと報告デス。

「! ンダのヨー!! びっくりしたあ。 いきなり∴だもんニャー。」

そうです。
13日のお盆に 白ぶかし&お菓子&お茶セット を持って・・いつものようにお墓参りに行った私たち。
「暑ッい△」
ビカビカの炎天下となったお昼時。
墓石の下に腰を下ろそうとしたら、石が焼けるほどの暑さ ではありませんか?!

「パパ パパ おしりヤケドしちゃうジャー△▽」
「ンだな。」

そんな暑ッい日中だったのに・・・
夕方からは急に涼しい風となり、
ナント 私たちのお部屋がある木造3階は、川風が寒いぐらいの夜となったのでありました。

夜中に何度も目を覚ましてしまうこの頃のアラフイー私・・・
時計をみると 3時∴
「寒い」 とお布団をかけなおした次第。
朝気温をチェックしてをみると・・・ナント20.3℃ ではありませんか。

すごいぜ!! この気温差は=さっすがあー 肘折デス○△□。

 8204444

そんな夏の1日にも
エヘヘ∴女将の特権で・・・
朝風呂OK♪ 暑い日中にはサッと身体を流し♪♪ 夜もゆったり入っちゃったり♪♪♪
・・・の元河原湯の極上にごり湯デス。

「ヒャー!! いいお湯♪」

毎日の気温に応じて 微妙な湯加減を演出しているには スタッフ奥山クン。
「どげでした?」
(通訳:オカミさん 湯加減はいかがでしたか?)
「奥山クン 最高ダワ!! いい感じ!! 最高なにごり塩梅で◎◎いい感じ!!!」
「いがっだス!!」
(通訳:それはそれはなによりで・・良かったです。)

「どげですか??」
(通訳:オカミさん 湯加減はいかがでしたか?)
「うーん あと0.5℃熱い方がいいかも。」
「ンダっすか! わかりました!!」
(通訳:そうでございますか!わかりました!!)

などと・・
かなりアバウトながらも まるで<人間温度計>モニターになる私の感覚を元に・・・

と・・・
水を一切入れずに 調整しているにが 実はすごい!! と思います。

元河原湯は バリバリに暑くても スーッと涼しくても 気持ちいい♪♪

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
「あれっ そういえば・・入ってないジャン▽」

実は 4月に 貸切風呂の改修工事をしてから、気づけば全く入る時間がなかった私。
3ヶ月半ぶりに入ったところ・・・
「イヤアー いい♪ 気持ちいい♪♪・・・奥山クン アノさ・・参りました!!って感じダワ♪♪ すごい!! いいお湯だあー。」

改めて実感したのは7月ある日のコトでありました。
「いがっだッス!!」
(通訳:それはそれはなによりで・・良かったです。)

7896666
見て下さい!! この<濁り感>♪♪

7897777
7898888

今は<次年子焼>高橋クンが、10年前に信楽で焼いた浴槽デス。
浴槽のふちが ナント首にピッタリになるこの気持ちよさ◎◎ うーん 皆さんにご体感いただきたいデス!!

7899999
浴室から見える川面には・・涼しげに夏花が咲いています♪

湯上がりには・・・
葉山から引く銘水<栃の井>をレモン水にしてみました!・・・ロビーにセット◎◎新登場デス♪

8433333

8435555

さてさて 残暑厳しいこの夏・・・
元河原湯の<極上にごり湯>&<銘水栃の井>を ぜひぜひお試し下さいませ!!

アラフイーのつぶやき, 夏スケッチ, 源泉力をどうぞ | コメントはありません

暑中お見舞い申し上げます★館主の書&カメラマン奥山写♪・・の巻

2019.7月02222

「パパ パパ!!
暑中お見舞申し上げます・・書いて下さい。 今日午後3時締め切りで!!」
「(ブツブツ)・・・わがっだ。」

といつものように・・私にせっつかれながら 丑年館主はゆっくり&ゆっくりのいつものパターン∴

「パパ パパ できましたか?!」
「?」
「? じゃなくて・・モウ▽
夏終わるジャー▽△」
「わがっだ。」

という流れの中 での 今年の館主書<暑中お見舞申し上げます>デス。

「うまいニャー♪♪ すごーい!!パパ」
「!」
ニコニコといつものように事務室から退場デス。

そして・・・

「オットー!! ナイース♪ ブラボー♪♪」

こちらは スタッフ奥山クンが写した作品デス!

IMG_0055555

IMG_0053333
この光の具合と質感◎◎ なんでブラボーな!!

「奥山クン・・すごーい! 大沼カメラマンさんみだいだードレ♪♪」
「いがっだっす!」

IMG_0024444
こちらは<肘折ダム景色>

「そういえば 近くにあるのに・・今までダムの写真ってなかったニャ∴」

IMG_0041111
こちらは 温泉街上流の源泉公園近くの景色デス。

そしてそして・・・

こちらは 肘折に来る途中の<湯の台高原>

道路両脇の畑には・・・
<そばの新芽>がサアーっと一斉に出てきました!

IMG_0006666

IMG_0011111
こちらは 奥山クンが見つけた<そばの花絶景ポイント>の今。

IMG_0019999
8月下旬には・・・きっとこうした風景が広がっていることでしょう♪

soba1111111
川風・・・
高原の風・・・

酷暑の夏に涼しさをどうぞ♪♪

夏スケッチ | コメントはありません

愉快にパラダイム・シフト★変わること&変わらないモノたち!・・・の巻

「社長 やっぱり絶対<ベッド>にしたい・・と思います!」2月のある日。

「いいんネガ。」
(通訳:そうですね。いいと思いますからやりなさい。)

「はい!」

そこから 走りました私。
決めたら動いてしまう57歳∴∴

そう 一気に・・・走ってしまいました。

そこから・・・
酒田 睡眠屋さんとの奇跡的な出会いがあり・・・
㈱ビスコの中野社長そして沼田建設のモリヤ君
そしてそして地元大蔵村でがんばる土田技建の土田君と
畳屋タケさん
すばらしいスペシャリト仕事人のみなさんのおかげで・・・
湯宿元河原湯の<新しい形>がおかげさまで整って参りました。

「新しい形」

その1、客室に和ベッドをセットしたい!

6122222

こちらは2階客室<すみれ>。

6066666
今まで間狭だった和室8帖を1部屋にして、広々16帖に思いきって改修。

羽黒5

6211111

品揃えがすばらしい酒田<睡眠屋>さんとの奇跡の出会い◎◎から始まった今回のベッドプロジェクト!!
睡眠屋代表の小寺さん
(とってもとっても穏やかな=まるで神父さんのような雰囲気の小寺さんデス。)
小寺さんに・・・
数あるベッドの中から 「元河原湯さんにはこちらが合うのでは?!」とのお薦めから
畳にもおける 高さも木で調整できる 職人手作りの日本製=京都西川製のベッドにすぐに決めてしまった私でした。

小寺さんご夫妻と何度も何度も打ち合わせしながら・・・
ベッドカバーは手触り感がとっても気持ちいい<ダブルガーゼ>の生地で仕立てていただきました。
色は藍色とワインカラーの2色デス♪

6199999
京都西川製 のしっかりとした木製ベッドです。

6211111

こちらは 小寺さんイチオシのガーゼ生地で作った<襟布>♪

布団カバーのダブルガーゼも・・・「ずっとくるまっていたくなる♪」みたいに
本当に肌触りが とてもとても気持ちいいんデス♪♪

6233333

こちらは とても「寝やすいニャ♪」 枕にかなーりうるさい私そしてスタッフ奥山君が絶賛!!
気持ちいい<枕>デス♪

6200000

山形県酒田市★睡眠屋こでらさんHPはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

昨年の今頃は・・・

「コウイチ君 布団敷き 早くしてケロん!」
「奥山君・・・一部屋だけ手伝ってもらえないガイ?!」

朝は朝で・・・

「コウイチ君 お客様が戻っちゃうベー∴ 急いで!!」
「廊下に置きっぱなしは止めてケロなあー。」

・・などと お布団敷&お布団上げ に毎日&毎日バタバタしていたのが当たり前 でありました。

和ベッドを導入して 3ヶ月になった今は・・・

「コウイチ君・・・ なにしったのヤ?!」的に・・・なんだか とーっても静かな館内。
アノばたばた感がほとんどありません!!

「いがったニャー! コウイチ君。」
「ファーイ。」

でも・・・
なんとなく お布団敷きがない事がかなーり物足りなさそうなコウイチ君でありますが・・・。

特にリピーターの皆様がチェックアウトなさるときには
ドキドキしながら・・・
「○○さん ぐっすり眠れましたか?」
「ベッド いかがでしたか?」
と うかがって参りました。

「イヤアー ギリギリまで寝ちゃってさあ♪」
「いやあー いいねえ! アノ高さサアー。 どこのベッド?」
などなど

ニコニコお帰りいただけることがなにより と
お見送りで
「いがったヤー♪」
(通訳:本当に良かったですことー♪)
「ンダっすネ!」
(通訳:そうですね!)
「んだねーッス。 オカミさん!ベッドにしていがっだです。」
(通訳:そうです。女将さん ベッドにして本当に良かったです!) と スタッフ奥山クン&千賀チャンともども ほっと ほっとして過ごしてきた時間でもありました。

そして・・・
このベッドプロジェクトをきっかけに
元河原湯のこれまでのサービスそのものを ひとつひとつ見直して試行錯誤してきた3ヶ月でもあります。

_01000

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

今回のベッド導入は新しい形のスタートに過ぎません。

どんなりっぱなブランド力のあるモノを置いても
そこに「肘折の空気と元河原湯の湯力と美味しさと・・・そしてベッドで ゆっくり休んでいただきたい!!」
という私たちの思いと情熱がなければ 皆様には伝わらないと思います。

「さあ みなさーん・・・お客様が本当にリラックスできる形&サービスに 進化させていきますよー!!」

ということで
今回のベッドプロジェクトの目標は・・・
旅館という既成概念からの「ストレスフリー」と「きれいにさらに気持ちいい湯治スタイル」なのであります!

足し算を止めて 引き算に・・・
お客様につかず離れず の距離感と心地よさ をどこに着地させることができるか?! しかも 私たちらしく・・・デス!!

元河原湯がスタートしてから31年めの夏。

6月に 館主の書棚から見つけて・・たまたま読んだ<日本人の勝算:デービッドアトキンソン>

この中に書いてあった「パラダイム・シフト」という言葉

7126666
まさに 私たち元河原湯の立ち位置がこれだニャ!! といつくづく思った次第でした。

◆パラダイム・シフト
=その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。(ウイキペデイアから)

そしてそして
大変革のときにも 永々と変わらないモノたち 変わってはいけないモノたち があります。

それは
【肘折&元河原湯源泉の温泉力】
柔らかで しなやかに 包み込むような元河原湯源泉の魅力


【人力】
アハハオホホ&ゲラゲラ と愉快痛快に でも熱い情熱をもって キリッと潔く料理したりお掃除したりできる仲間たち

なのだ と思います。

私たちが笑顔いっぱいでお迎えするできる気力を保てるように工夫を重ねながら・・・・
まだまだ不備もあり まだまだまだ至らないコトが多いとは存じますが、
まずは 1日1日 皆様により美味しく&よりゆったり&より楽しくお過ごしいただける元河原湯に 進化して参りたいと存じます!!!

乞うご期待!!

「みなさーん いくわよー!」
「オー!!!」
「ファーイ。」
「コウイチ君 返事ははっきり!!」
「フアイ。」
「∴」

お知らせ, アラフイーのつぶやき | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る