女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

クリスマスデコレ★初雪におもう夜♪・・・の巻

IMG_7309999
「やっぱ かっわいいニャー♪ 見てみて・・タイヘイ!」
この男の子・・・我が家に来て もう27年になる<オルゴール>なのです。
「ウン なんかサアー・・・いいよね。」

IMG_7303333

11月も残り僅かとなった11/27
3階屋根裏から<クリスマス飾りの宝箱>を取りだし・・・
1年ぶりに開けて
いつものように・・・いの一番に飾るのが この<男の子オルゴール>なのでした。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
ふたりの子ども(現在は27歳&25歳の大男ですが∴)がいるアラフイー私の家族・・・
長男11月2日生まれ&次男12月29日生まれということもあって
子どもたち&はたまた私&館主の誕生会には
毎年 必ず この<男の子>のオルゴールを真ん中ににして
♫ハッピバースデイ ツーユウ ハッピバースデイ ツーユウ・・♫
<お誕生パーティー>を始めるのが恒例となっていた 懐かしいあの頃。
どんなに忙しい夜でも
必ず 全員集まって お料理を作って ケーキにろうそくを立てて笑った夜・・・

この<男の子>を飾るたびに
いろいろなことが蘇って アラフイー・・遠くをみるような目になっちゃいます。

IMG_7311111
「!」
急がなくチャ∴∴
遠くを見つめている私・・ふっと我に返ります。
こちらは 大好きな<ブリキの子どもたち> 貸切風呂の前に 飾ります♪

IMG_1398888
フロントにも お気に入りのお人形・・・

IMG_7306666
IMG_7296666
飾り棚に・・・かわいく♪

IMG_1396666
玄関には ゴールドクレスト★雪だるまクンたち&クリスマスカードを♪♪

IMG_1395555
IMG_1391111

IMG_1399999
そして 迎えた11/28の夜・・・

茶の間で次男タイヘイと談笑していると・・・
「かあさん 雪!」
「!! ホントだあー!」
今年の初雪をみました。

「なんかサアー いい感じの・・・やさしい降り方だよネー。」
「ウン」

さあ いよいよ・・・12月はもうすぐ・・・
山のクリスマスへ★カウントダウンが始まります!

「来月に入ったら 私<手作りリース>作ろうかナアーって思ってるんだ。
こどもさんにはサアー キャンデイのリースが 楽しいかなあーとか・・どう?」
「いいと思うよ。 大きいリースからキャンデイを取って食べてもらっちゃう・・とか・・。」
「・・・・・!!」

今年の<のれん作り>&<端午のつるし飾り>で悦に浸ったアラフイー私
冬になると ついつい燃えてきちゃうのでした・・・。

IMG_0101111

さてさて 手作りリース・・・果たして間に合うのか??
キャンデイリースは どうなるのか??!
エヘヘ ★お楽しみに♪♪

冬スケッチ | コメントはありません

食いしん坊バンザイ★熱燗がいい季節デス♪・・・の巻

1448190021253333
「サトーさんの<あん肝>・・・ホントに ホントに最高だよね♪」
「・・・・ンですか。・・ありがとうございます。」

1448150047311111
そうなんです。
このサトーチーフ仕込みの<あん肝>・・・
寒くなるこの季節に・・・
エヘヘ∴熱燗にナイスに 最高に★相性がいいのデス♪♪

IMG_311111
もちろん もっきりにも◎◎
IMG_68444444
こちらは サトーチーフが毎日コツコツ仕込む
<厚焼き卵> やさしい味付けが◎◎
IMG_7148888
satou0111
毎日 コツコツ・・・
こちらは 例の<もものすけ>アレンジ
只今 お造りに添えて 「おもしろーい! 美味しい!!」とお声いただいております。

IMG_7229999
こちらは 庄内柿の流しもの
1448189970454444
そして・・・
こちらが 定番メニュー<そば豆腐>
新そば粉と吉野葛を合わせて練りあげます。
1448189977866666
冬は 揚物にして◎◎♪
ゆずの香りを添えて・・・もう堪りません!!!
単品355555
厨房に下りて
「サトーさん・・これ なに??」とながめながら・・・
試食できる女将の特権★至福のトキ!!
IMG_7233333
こちらは ごぼうのチップス&山形地鶏
「美味しい!」

こちらは
揚げたての<ほんもろこ>=おらが村大蔵村の特産品★とても使い勝手がいいすばらしい素材デス♪

「アチチ▽△ しっかりしてる味ダヨネー!」 とひと言云ったくらいにして∴ つまみ食いのアラフイー

「食いしん坊 バンザイって感じだよネー」
「ンダなあー」
と 目を合わせます。1448189963378888
そこに・・・
女将手製の<お漬物>を毎日必ずプラスします!

こちらは おいしくなってきた白菜を漬けた<白菜漬>

もちろん 二度漬けにします。
1447499706570000
こちらは やはり大蔵村特産★じゃばらだいこんの<たまり漬>

食感がたまらない一品デス♪
1447986908437777
*お漬物レシピは近日公開!

「なんか やっぱりお漬物がないと落ち着かいよニャー サトーさん」
「ンです。」

ドキドキの食いしん坊バンザイ冬の始まり・・・体重計はちょっと見ないでおきます▽△。

美味しいスケッチ | コメントはありません

冬の始まりに★プリンセチア&あったかサービス◎スタート♪・・の巻

IMG_1364444
「あったかくて いいニャー♪」
「今年の秋 長ぐないッスカ??」

そうなんです。
11月下旬に突入なのですが、まさに小春日和が続いております。

来週からグンと気温が下がるラシイ情報を元に
「みなさーん・・今年のこたつインは<18日>にしまーす!わかったあー!」
「はいッス!」
女将司令の下 全室にこたつイン作業が始まりました。

毎年のコトながら
あっちの座卓をこっちに こっちのこたつをあっちに・・・
こたつ布団チェック○△□・・・・・と
毎年の恒例作業のおかげか◎
汗だくになりながらとっても手際がいいみんなデス◎◎
ススーッと15室全部に<こたつ>セットが無事完了しました♪

「ごくろうさまあー!!!」

そして 21日には玄関前の<雪囲い>OK
肘折温泉に雪囲いする音が響くこの頃 トントン トントン・・トントントン・・♫
元河原湯でも冬したくが着々と進んでいます。

1448146094185555

IMG_0562222
「お母さん・・シクラメンとポインセチア・・・そろそろよろしく!」
「アイよー!!」
の一声から
27年来お世話になっているお花屋さん<花恵>さんから
すばらしい色味の<シクラメン>とポインセチアならぬ<プリンセチア>が届きました♪

館内は 冬の始まりに クリスマスカラーをプラスです!

IMG_1368888

IMG_1373333

IMG_1377777
シクラメンはびっくりするくらいグングンお水を吸うんデス。
IMG_13811111こちらが<プリンセチア>
かっわいいデス♪  花言葉は「思いやり」♪♪

1447499602244444
こちらは お気に入りの藤屋手ぬぐいtenugui0111
そして・・・今日は週に一度のお花の入替え当番のアラフイー私
「!」
「パパ パパ <もものすけ>たち・・どこ?」

あまりにみごとなカブ&りっぱなだいこんに圧倒されていたもので・・・
「このだいこんたち・・・見せたいなあー♪」
いつもはお花を活ける古箪笥の上に 今日は<だいこんたち>を主役に大抜擢した次第デス!

1448018517416666
「なんか カブの中のカブ・・って感じだニャー!」
1448146116320000

1448150032005555
冬の彩り&あったかテイスト・・そして続々到着の農園野菜で
やっぱり わくわくしていただいちゃいましょう♪♪

冬スケッチ | コメントはありません

バトンリレー★新そば&辛味だいこんの季節へ♪・・の巻

「ただいまあー・・・パパ。 ありがとうございました!」
「ん」
「サトーさん ありがとうございました!!」
「ヒデちゃん ありがとう!」

山形に行ったり来たりの1週間
山形じいちゃんの初七日を終え・・・
父を見送れた安堵感と、さぞかし忙しかったであろうスタッフへの感謝の気持ちから
ウルウルなりながら 厨房に下りると・・・
いつもながらのかけあいの声と作業風景に うれしくなりました。
「?」
と そこに・・・またまた見慣れない野菜が登場しております。
そば打ちしている館主に
「アラあー いい色だゴドー!!パパ パパ・・なに コレ?」
と聞くと
「ン・・・・<もものすけ>・・・。」
「???」

1447498441565555
「みかんミダイに スルッと剥けるんだ。」
「ヘエー?! 泰ちゃん やってみるべ!」
「あっ ホントだあー!!」
「おもしろーい♪♪」1447498432071111
「サラダにして食べたり・・する。」
生のままで食べてみると・・・
「! あっ 美味しい♪ ちゃんと<カブ>の味がするー!」
隣で食べてるサトーチーフも ウンウンと頷きながら
「ウン コレ いいですね。」1447499456513333
momonosuke01111
すると・・・
畑から採ってきたばかりの土がついたかごを片手で担ぎ・・・
ニコニコしながら持ってきた館主なのであります。

「これが <もものすけ>」
kazafu0111

「これは <カライネアカ=辛根 赤>=辛味だいこんダナ」
「フーン」1447499514373333

「これは<味辛>」
「あっ コレ<千枚漬け>にした アノ大根だベー!」
「ンダ」
「大好評の<千枚漬け>・・・仕込み大変だったんだよニャー▽ サトーさん」
「はい」
ブログアーカイブ「ダイコン顛末記・・の巻」はこちら

1447499479081111
「これは<カザフスタン>」
「<カザフスタン>・・・すごい名前!」
「ん 辛味だいこんダナ。 摩ると緑がきれいなんだナ。」
「フーン」
1447499487289999

「これは・・・<ひじおり大根>」
「そう コレは難しいンダッケ▽ 酢漬けはイマイチみだい。・・今年はやっぱり<たくあん>にするべ。」
「ん」

1447499521872222
みんながやっと興味もった感じで すっかりゴキゲンの農園博士。
ニヤニヤ ニコニコ 頭を掻きながら&片手を大きく振って・・・
スーッと 厨房から退場デス。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
さっそく 皆さんにお見せしたく 土を落としてフロントに飾ります。

1447762490175555

こちらは <ねずみ大根>
私も覚えた 辛味だいこん デス!IMG_853555
自然は本当にとってもうまくできているもので・・・
<新そば>が登場するこの時期に合わせて
コノ<辛味だいこん>が登場するのデス!!
すごーい♪0288888
こちらが 館主渾身の<十割そば>♪

sobauti011
さあ 山形じいちゃんのバトンを繋いで・・・
「パパ パパ いいそば 今日もよろしくお願いします!」
「ん」

美味しいスケッチ | コメントはありません

晩秋の空へ★サブちゃんに送られて・・・

IMG_1334444
「! 白だ!!」
山形じいちゃんのお見舞いに向かった11/5(木)の朝
ループ橋の上から・・
澄みきった秋空の下で、晩秋の景色の奥にくっきりと輝く真っ白な<月山>を見ることができました。

IMG_1331111
IMG_13355555
IMG_13522222こちらは <鳥海山>
湯の台高原から この日はくっきりと見ることができました。
出羽富士と呼ばれる美しい形状・・・みごとデス!

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
その日 父がお世話になっている施設のカネコさんからのお電話
「お父様の呼吸が・・・かなりおかしくなっています。」

この1年の間、何度か 危篤に陥っていた父
こうした連絡には 妙に慣れてしまっていた私でしたが、
カネコさんの声色から 今度ばかりは難しいかも と覚悟して
ふっと・・・
「サブちゃんの歌を聞かせたい。 聞かせたいヨー。 待ってて じいちゃん・・・」

翌朝 6日午前中に
サブちゃんのCDをCDプレーヤーをあわてて持って 母と走ったのでした。
施設に着くと
スタッフの方皆さんが待機してくれていて
「松澤さん 松澤さん ・・・はい ヒデホさん 来ましたよー ホラ 約束どおりに来ましたよー!!」
カネコさんが父に一生懸命伝えてくれています。
「じいちゃん 来たよ。ごめん 遅くなった。」

この時 思った以上に状態が悪いことをようやく理解した私。

「アノ・・・カネコさん・・・ 北島三郎のCD かけてもいいですか? 父が大好きだったもので・・。」
「どうぞ どうぞ・・・」
と早速プレーヤーをセットし、大きな音量でかけてくれました。
明るいスタッフの方々と一緒に 口ずさんだり
母とふたり ほとんど反応のない父の顔を交互になでたり擦ったりしながら
「大好きだったもんネー! 聞いてる じいちゃん」
「ホント ホント お父さん しっかり!!」
「じいちゃん 聞こえてるのかな?」 とボソッと私が言ったそばで
カネコさんが
「人間の聴力は 最後まで生きてるようですよ。 きっと聞こえています。」
と 穏やかに・・・そして真剣に話してくれました。

その翌日 11/7早朝06:01 父は逝きました。

まるで サブちゃんを待っていたかのような 不思議な最期。
皆に愛され 皆を和ませてくれた 大好きな大好きな私の父=山形じいちゃん
爽やかに
晩秋の澄みきった高い空へ・・・・ 旅立ちました。

楽しいことが大好きで かなーりおっちょこちょいで おちゃめで ちょっとガンコで かなりきれい好きで 不器用で
バカみたいに義理固くて 義理と人情が座右の銘で 周りの人のことばかり考えて
食べること 食べ方 の大切さをいつもいつも説いてきた父
なによりも 司厨士協会のことが一番だった父

動けなくなった身体になっても
最後の最後まで 施設の人たちや私や子どもたちにも
「ありがとう」
「からだ 気をつけて」 といつもいつも言ってくれた父

やっぱり じいちゃん すごいよ。
すごいよ 松澤義哉さん。

じいちゃんからのバトン 繋いでいきますから・・・・。
ありがとう 山形じいちゃん。

アラフイーのつぶやき | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る