女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

聴診器を持って★湯の台トレッキング☆第2弾・・・の巻

前回のトレッキングに気をよくした私◎
熟年カップルのムード?もほど良く回復し・・∴∴
「パパ パパ 湯の台行ぐべ♪」
「ん」
こういうときの支度は早い館主。
一番乗りで・・例の木の杖をもち サッサと車に乗っています。
穏やかなお天気に誘われ・・・例の聴診器を忘れたコトもあり、3日後に再チャレンジとなりました!
「前田クン 行くよ!」
「ハイ」
・・・・・・・・・


先生∴に作ってもらった例の<ほうの木の杖>はやっぱり楽チンです♪

「あっ 今日は焼けそうだ▽」
思いがけないほどの陽射し・・・
今頃 子どもたちがスキー練習すると ゴーグルの痕のまんまに真っ黒に日焼けしてたなあー。
もう 10年も前の子どもたちの様子が目に浮かび、熟年カップル遠くを見つめます。
アノ頃はかわいかったニャー 

日焼けが怖い私・・・タオルで顔を隠し<ハンコタンナ>状態。

 <注釈>
 はんこたんなとは、東北地方南部で農作業時に顔に被る
 ハンコタンナ・袢衣手綱。袢衣は袢纏から肌着の意、手綱は、
 頭巾、鉢巻きの意。顔を覆う為に使用されていた布。
 江戸時代には今の山形県南部で農作業に於いて虫除け、
 日焼け止めに使われていた。

歩くこと15分・・・お目当てのぶな林に到着です。

「聞こえるかな?」

「?」
「先生 木の音聞こえないんですけど・・・?」
「??」
聴診器 おかしいのかな?
「パパ パパ 首貸してケロ」
「ん」


「聴診器は大丈夫みたい。」
「?」
山の先生も首をかしげています。

「??」

「前田クン やってみて」
「ハイ」

なんとも <木の博士>のような・・・似合いすぎる前田だな!

「聞こえませんねえー」
気の毒そうに報告する前田クン。

「先生 どうして聞こえないのですか?」
「前に かんじきトレッキングしたとき ジュルジュル・・・ザーザー・・・みたいに水が流れる音が確かに聞こえたんだジェ?!」
「・・・・・・」
ちょっと首をかしげて
「お母さん それもっと寒いときだったべ。」
「ウン 2月ぐらいダッケ。 かんじきつけて歩いたカラ」 
「・・・・たぶん 今は水が木全体に行渡ったからカモ?! 帰ったら調べてみるガラ。」

なんとも不思議です○Δ□


せっかく持ってきた<聴診器>で、本当は木の音の感動をご紹介する予定だったのですが・・・
今回は 時期によって聞こえない・・という<木の不思議>発見トレッキングとなりました。

「撮ったか?」
「はい 一応・・」
写真命令∴に自信なさそうに応える前田クン。
「なんだズー 一応って・・・ちゃんと撮ってケロな。」

写真をみてみると・・・
「ナイスショット!! なんだズー ちゃんと撮れてるジャン 前田クン」
「ハイ あっ 撮れてますね」

写真は<ダケカンバ>の木・・・カメラマン前田撮影デス。

先生によると・・
「前田クン 木の皮剥いてミロン。」
「ハイ あっ 横に剥けます。」
「そうです。 このダケカンバの木の皮は このように横に剥ぐことができる 白樺の仲間です。
昔は炊きつけに使ったモンダ。」 だそうです。
「なるほど」

またまたお勉強になった私たち。
今度は 千賀チャン&奥山クンたちと来るっっちゃ♪

いい空 ふんわり霞む春の山並み 
雪解けした後から いよいよ<ふきのとう>があちこちにみえています。

さあ 山菜の季節だな♪ 

春スケッチ | コメントはありません

山の先生とゴー♪湯の台トレッキング・・・の巻

「いいお天気♪ パパ パパ 湯の台行くべ!」

カメラマン佐藤チーフにお願いして3人でお出かけデス。
「うわあーい ずいぶん雪消えたニャー!」
「春だ 春だ」
わいわい感動の車中・・。ループ橋を渡り車で5分・・・湯の台高原に到着しました。


「雪固いから かんじきはいらないな。」
準備中の私たちを置いて・・いつものようにサッサと▽歩いていく館主。
奥の林まで1時間コースの予定デス!
佐藤チーフと私 ワラワラ(通訳:早く ダッシュで)追いつきます。
3人が揃いました。
「さあ 歩くよ!!」

「あー ふっくら芽が出てきてる」

「先生! この木は何の木ですか?」
(山に来ると 館主を<先生>と呼んでしまいます。)
「ウン どれ? 楓だな。」
「!」



そっかあ パパは雪へらを杖代わりにもってきています。
さすがあ ・・というかずるーい。 だから早いんだな∴

「お母さん この枝落として 杖にしたらいいんねが。」
右手一本で器用に<ほうの木>の枝を落として あっという間に杖を作ってくれました。
「すごーい!」
しかも 取っ手付!!
「先生 私コレに名前いれて 山歩き専用の杖にします!!」



山の館主は なんだかかっこいい!!

「先生! 先生・・杖あると歩くのがとっても楽です♪」
「んだが」
(通訳:そうですか。良かったですね。)

 写真は佐藤チーフ=カメラマンです。

「先生・・・これは何の木ですか?」

「なんか ぺたぺたするんだけど・・。」
「はい これは<栃の木>です。 家のロビーの囲炉裏の木だな。」
「このペタペタは寒さから芽を守っているのデス。」
「な・る・ほ・ど!!」


久しぶりに・・∴すっかり意気投合したような・・熟年カップル▽Δ

「これは<きはだ>です。」

「あっ これ 菊太郎じいちゃんが煎じてたヤツ? 朝市でも売ってるニャー。」
「んだ。 煎じて胃の薬にしたな。
患部が腫れたときに熱さましだな。酢と小麦粉と合わせて練って・・黄色の油紙に塗って貼ったもんだ。」
「そう そう じいちゃんの部屋にいくと よく酢のにおいしてた。」

他に ダケカンバの木やぶなの木を眺めて・・講釈を聞きます。
いちいち 感動するなあ!

さて ちょっとコーヒータイムをはさみ
それからちょっと急斜面の木々の間を潜り抜けて進みます。


「先生 結構 急なんですケド・・」
「ダイジョウブ」
「お母さん 木の根元は雪が解けてるガラ・・足とられないように。雪深いドゴあるから ゆっくりな。」
「はい!」

元気よく返事をして間もなくのこと。
「あっ」
注意されたのに 木の根元に足がどっぷりはまって脱出できなくなってしまった私▽▽
後ろからサポートの佐藤チーフに助けられてしまったのでした。
やっぱり 春の雪は足元注意ダナ。
こうしてこの春初めての<雪上トレッキング>を無事?終えた4月のある日のコトでした。
・・・・・
帰り道に
「これ 採っていくっちゃ!」
かえでやぶなの木々を手に颯爽と帰路に着いたとき・・・
「あっ 聴診器忘れてた▽ 」
木の脈動を聞く聴診器を忘れてたことに気づいた私。
「パパ パパ 明日もう一回 行ぐべ! 明日のカメラマンは前田クンだな。」
「んだな。」

春スケッチ | コメントはありません

チームワークでばっちり★ピカピッカの春へ・・♪の巻

「いいんですね いいんですね・・」
「今日みんなで外しますから・・・女将サン また出してって絶対云わないで下さいよ」
スタッフ奥山クンに何度も釘をさされる私。
「わがっだ・・・∴」

いつも釘をさされるこの時期・・実はかなり悩むのでした。
というのは
=<こたつをいつ外すか?!>です∴∴。
スッキリ春らしくする♪ とお彼岸の頃のピカピカお天気に背中を押されながらも、
お彼岸が過ぎてからまたまた寒かったり▽雪がちらついたりするものですから・・・。
だって 道路にはさすがに雪は全くないものの・・まだ周りには雪が見えるんだモンなあ。
なので、毎年この<春への切り替えのタイミング>に悩んでしまうのでした。

しかし いよいよ4/4「外します! スッキリします!」宣言!! ドキドキ∴
さあ 春仕様に衣替えデス♪

【その1】耕一クンそして前田クンのコンビで、一気に客室のこたつを外します。
 なかなかの重労働なんだな。 「ごくろうさま!」

【その2】玄関の雪囲いを5ヶ月ぶりに外します。
 「なんだか明るくなったニャー♪」

【その3】ロビー&廊下の板の間を一気に磨きます♪
 「前田クン 耕一クン もっと力いれでよー ぎっちり磨くべな」
 「オー ピッカピカじゃん♪」

【その4】客室&廊下中の窓をピッカピカに そして芹沢圭介ののれんを替えます。

栃の板もイタヤ楓も杉板も みごとにピッカピカ♪

【その5】長靴から下駄へ・・・水を打った玄関に千賀チャンきっちりと並べます。
 「ウウー なんか懐かしいミダイだにゃー♪」

【その6】玄関前の水屋もスッキリ 葉山からの山水もたっぷりです。
 「なんか 清々しいニャー♪」

 そして・・・ 今日も<春の香り>一杯の花たちを活けます。

   

【その6】女将&みえこサンのお手製<端午の節句の吊るし飾り>も・・キット続々増殖中です。
 「めんこいベエー♪」
 「あやめ 難しいヤアー∴」 

そして・・佐藤チーフ=厨房の雪囲いを外します。
「明るいニャー♪ 春だ 春だ!」

そして・・我らが館主は・・・・春の散歩をようやく始めた様子∴∴

・・・・・・・・・・・・・・・・
アノ東京での雨風研修のおかげ?ますます強固になったチームワークで?!
・・いよいよ春の仕様に衣替えがほぼ完了しました♪
サンキュ

さあ 春だよオー!

春スケッチ | コメントはありません

雨男マエダ君▽Δ 春の東京研修★顛末記・・の巻

「行ってきます」
定時に山形新幹線を出発し、車内で駅弁NO.1の<牛肉どまんなか>を平らげ 順調な滑り出しです♪
上野駅着 
予定を変更して<国立科学博物館>へ
そぼ降る雨 雨 雨
気温11℃ 寒い 寒い 寒い
「もしかして・・誰か 雨男いねがい?」
(通訳: 雨男はいませんでしょうか?)
一斉に
「マエダ だ」

というのも・・・去年のメンバーと違うのが前田クンだけだからです。
「去年の沖縄はお天気(ブログアーカイブ)ばっちりだったズネー」
「・・・・」

結局 どしゃぶり+寒いため・・・期待の浅草ツアーは中止となり・・ホテルへ

「もうこなったら 食べるしかないベ」

<駒形どぜう>にゴー!

「この山椒がたまらない」
「なんか 東京に来たって感じっすね」
「ウン ウン」
皆で盛り上る 盛り上る!!
「どじょうはちょっと・・」といっていた佐藤チーフもすっかりゴキゲンです!
よかった♪

「オー」
スカイツリーマークの入ったビール瓶に・・またまた盛り上る我ら。
明日が楽しみね♪

左から・・佐藤チーフ、奥山クン、そして雨男∴の前田クン です。
その後・・・
2次会はエンドレスに続き、都会の夜を満喫
午前1:30 ホテルへの道すがら・・・
「オー 雨上がった♪ 明日は大丈夫ダナ きっと!」
とゴキゲンでベッドにもぐりこみました。

翌朝・・・
ザー ザー 
「ちょっとー」「あーあ」
昨日よりかなーりひどい雨▽▽▽

ロビーに午前8:00 集合。
皆一様にがっくり表情。 ちょっと重い足取りで雨の中ダッシュで走ります。

築地へ到着。
ブン ブン ブン
特殊な車両が市場の中を行き交う風景。


「すごいにゃー!」
「わあーい!!」
この活気が見たかったのよね。

そして お目当ての<岩佐寿し>に入ります。


「美味い!」

女将サン「どちらから?」
「山形デス」
「アラ 私・・今月山形に行くのよー 山菜美味しいンダッテネエー」
「山菜はなかなか食べられないからサー 楽しみなのよー」
「♪」
・・・
ふわっと最高の海鮮丼を平らげて・・・
「よし!」 一行は雨の中にダッシュします。
ブワアー バアーン ヒュー
「あっ」・・・なんと なんと 耕一クンのかさが骨からバラバラになってしまいました。

こういう風は初体験ダナ  東京だ。

雨風が段々ひどくなる一方の都内。
「こういう予報ダッケ?」
「マエダだな▽」
「エッ」 

傘は折れるわ 足はグシャグシャ もう・・∴
壊れた傘を手に持ちながら・・そうこうしているうちに スカイツリーのある押上駅に到着。
ところが ソラマチビルに入ろうとしても 猛烈な モーレツモーレツな風
=身体がぐんぐん押し返される風は初体験!
なんだか アトラクションの中みだいだあ∴
そうこうしてなんとか<ソラマチ>にたどり着いたところ・・・
濡れた身体に無常にも館内放送が響き渡ります。
「誠に申し訳ございません・・・本日スカイツリーは強風のため中止となりました。」

「うそダベ・・・聞いてナインだけど」


かなーりがっくりがっくりの面々。
もうこうなったら 食べるしかない!! 
31階まで上ります。大きな窓から 上れなかったスカイツリーを眺め 記念写真。
高所恐怖症の千賀チャン&耕一クンは その窓にも近づけない様子∴
フーッ 塔に上ってたらどうなってたんだか?!
31階<摩天楼>でいよいよ会食デス。

ナイスチョイスの昼食♪
「いいお店だニャー!」「美味しい♪」「旨いっス!」
皆 アノくたっとした顔がみるみる元気になっていきます。
冗談も出るほどに回復の一行。食事の威力はすばらしい!!!

雨と風と・・・雨と風と・・・傘もボコボコになりながらの東京研修。
アノ<旅のしおり>は半分の役目となってしまった感じですが、

◆研修の目的
・日本の中心地を見て
①都会から東北にいらっしゃるお客様が何を求めているかを感じること。
②それぞれの今後のモチベーションをあげること。
③元河原湯のチームワークをより強くすること。 

①まんず「人・人・人・・人の多いゴドニャー・・」「みんなよーぐ歩ぐゴドー」=「東京の人はエライやあー」
 歩き疲れボーっとした頭の中で感じたことは一緒◎だった様子です。
 都会の人サ 秘湯&田舎サービスだな!
②雨風そしてまさかの低温の中でも・・・常に<美味しい時間>でパワー全開になれる私たち。
 常に笑いを見つけるパワーに脱帽の面々=ちょっとしょぼくれたけど、楽しかったんじゃないかな! 
③係り活動?をばねに・・まちがいなく◎◎♪

お休みいただきありがとうございました!
この雨にも風にも負けないタフなパワー全開で、ますます強固になったチームワークで
春の支度に入ります!!

春スケッチ | コメントはありません

雨男マエダ君▽Δ 春の東京研修★出発編・・の巻

4月2日3日お休みをいただきありがとうございました。
おかげさまで 皆そろっての<東京1泊研修>させていただきました。

研修の日程決定後 3/28(木)参加者全員での打ち合わせデス。

写真は・・・みんなをびっくりさせようと・・エヘヘ★密かにダッシュで私が作った<旅のしおり>デス。
両国の美味しいトコマップOK!
築地のマップOK!
都内の電車地図OK!
スカイツリー情報とソラマチ情報OK! かなーりバッチリだな。

【旅のしおり】研修の目的&行程&係&おこづかい編

◆研修の目的
・日本の中心地を見て
①都会から東北にいらっしゃるお客様が何を求めているかを感じること。
②それぞれの今後のモチベーションをあげること。
③元河原湯のチームワークをより強くすること。

「今回は電車で移動し・・東京の混雑を経験するから・・歩くよ パパ大丈夫?」
「ダイジョウブ」
「皆 ズックだな」

スケジュールもばっちり♪

◆スケジュール
4/2(火)
10:00 元河原湯 出発
11:20 新庄駅 新幹線乗車
昼食は車内で弁当など
14:50 上野駅 到着
(電車で移動)
15:30 両国パールホテルへチェックイン 荷物下ろす
(電車で移動)

16:00 浅草界隈 見学、買い物 (かっぱ橋にも行ける)
もんじゃ焼 屋台など
20:00 駒形どじょう
夜はフリーに・・・ 懇親会または散策、水上ボート夜景など
4/3(水)
6:30 ホテル出発
(電車で移動)
7:30 築地見学 朝食 買い物
(銀座まで歩くまたはタクシー・・途中 歌舞伎座も見られます。)
(電車で移動になるかも)
10:30 東京駅、日本郵政ビル★オープンしたばかりのKITTE見学
見学、買い物(電車で移動)

13:00 スカイツリー 到着 昼食、見学、買い物
16:00 スカイツリー展望台予約 上る
17:00 スカイツリー 出発
(電車で移動)
18:00 東京駅 到着
19:16 東京駅 出発
22:45 新庄駅 到着
解散
23:40 元河原湯 到着

そして役割分担もばっちり♪♪

 ◆参加者と係分担
 ・社長 ・女将 ・佐藤 ・奥山 ・武田 ・小野 ・前田 ・耕一
 ・行程企画 社長、女将
 ・予算、会計 女将
 ・各チケット(新幹線、宿泊券、展望台)女将
 ・見学場所企画 社長、奥山、佐藤
 ・食事場所企画 佐藤、女将
 ・集合点呼 武田、前田
 ・るす電対応 武田、女将、小野
 ・電車チケット 奥山
 ・耕一係り 前田
 ・マナー係り 小野
 ・あいさつ係 耕一
 ・かたずけ係 耕一

「おっと 前田クン 耕一係りに抜擢だな!やったね!」
「エ エッー ・・・はい がんばります。」
「耕一クン あいさつ係りとかたずけ係ダカラナ・・・しっかりヨ」
「??はい?」
マナー係のみえこサン「みなさ-ん マナーは守ってね」
東京暮らし経験のある奥山クンは電車係 「ヘイ! マカセテクダサイ!!」 
「どじょうはちょっとなあ・・▽」と佐藤チーフ
学生時代を都内で過ごした前田クンに「まかせたからね」
千賀チャン「オラ ひとりで歩げねガラナ・・・頼むデイ」
(通訳:私はひとりでは東京の中を歩くことができませんので・・・お願いしますよ)

「みんな忘れ物ないようにね! 特にコノ<旅のしおり>・・忘れたら罰金モン」
「ドキッ」

行く前から 旅の手帖でワイワイ盛り上る打合わせ会。
もう すっかり東京に行ってるような気分デス。
去年の沖縄の風があまりに楽しかったもので・・・もうニコニコ全開の面々。
(2012.3月沖縄研修ブログアーカイブはこちらへ)

そうして準備万端OK!! 出発を待つのみ。

4/2(火)午前10:00 お客様をお見送りしてから
「行ってきまーす!」 お留守番のトスネット(警備保障)さんにしっかりバトンタッチして
いざ東京へゴーです。

「天気ドゲですべ?」
(通訳:お天気はどうなのでしょうか?)
「くもりみたいよ。 3日は午後からお天気マークだね 良かった♪ スカイツリーばっちりじゃん♪」

このとき 誰ひとりとして アノお天気を想像できないのでした・・。
(続く)

春スケッチ | コメントはありません

館主82㌔★春を詠む・・の巻♪

ピュー ピュー と時折猛烈な風が吹いた昨日
「前田クン 外すよオー」 玄関前の<秘湯を守る会>提灯をとったりつけたり・・
はたまた
「千賀チャン 中に入れるべー」 鉢植えを入れたり出したり・・の忙しない1日▽でした。

今朝は一転○○暖かな陽射しが降り注ぐ穏やかなお天気となりました。


そこに・・・館主がニコニコ 何やら手にもってやってきました。
「お母さん ハガキあっが?」
お天気ニコニコ館主が
「あるよ。 何するのヤアー?」

「<朝日歌壇>に出すがなあど思って」
「オー!」

館主★春を詠む 以下3首を紹介させていただきます♪

「さっすがあ!」山とともに50年以上過ごしてきた館主ならではの歌♪
繊細な歌◎◎繊細な書◎◎ しきりに感心する私。
1首めの「・・・水ぬるむまで」がなんか好き。

さてさて・・・<朝日歌壇>に掲載なるか!?
もし 載ったのをご覧になられた方はご一報下さいませ。

私&みんなから歌詠みを誉められた館主 エラクごきげんです。
・・・
直後に
「あっ パパパパ あのサ この前の東京記念写真みてミロン すごいよ パパのお腹▽▽」
アノ繊細な書を生む館主の体型・・・
この冬篭っていたせいかどうか・・すっかりまん丸なコトに気づいてしまったのでした。
「まずい」

ポンとお腹をたたかれて
「はい 体重測ってきて」
自分でもどうしたらいいんだかあ・・ちょっとショボンと困った顔をしながらも、素直に体重を測りに行く館主。
「82キロ」
「えっ▽▽ 82キロ。あーあー ダメダメ・・今日から本気で<体重&食事管理>始めるガラ。 わがっだ?」
「・・・わがっだ」
「発芽米で1食 麺で1食 規則正しいリズム。毎日 散歩 運動デス! 足広げたり閉じたりする器具使うこと!! わがっだ?」
「わがっだガラ・・」
「雪のあるうちに 残雪トレッキング一緒に行ぐべー! 木の説明・・・お願いします! 明日行くべ」
「いいよ▽」
小さい声でニコニコうなずいています。
わかってるのかなあー

寒いコトが理由にならなくなった今 いよいよ湯の台トレッキングだな♪
歌詠み館主の体重現在82キロ▽
まずは楽しくシェイプアップ=78キロが目標です。
さてさて・・体型も<繊細>に近づけるか?!
乞うご期待ください。 

館主の一句 | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る