女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

-2.5㌔の約束inバラ公園★花の香り・・の巻

「ヨコヤマさん 遠いトコごくろうさま! どう?雪消えたカイ?」
婦人科でお世話になっている山形S病院の名医B先生。
なかなか予約のとれない有名な新潟出身のB先生なのでした。
すかさず
「さすがに ないです▽ 今はみどりいっぱい!山菜サイコーです♪」
「そっか いいなあ・・。」
さてっ アノネ・・薬が効いてて検査の結果 ヨコヤマさん確実にホルモン低下しているから・・もう更年期に行くから・・
大丈夫だよ!ヨコヤマさん良かったね!!・・このままこのお薬でいっちゃおうね♪」
「はい!!」
・・・・・
12月に入院までしてしまったアノ<子宮筋腫>の辛さを思い出し・・素直に喜んで診察室をでたものの
ホルモン値が確実に下がってるから・・・
更年期になるよ・・・
がっつり<50歳>の壁を実感してしまうのでした。
なんだか喜んでいいのか○▽□
まっ いいや
お薬をゲットして ドライバー館主とお蕎麦ランチをして帰路へ。

「ドレ バラ公園 行くべ」
覚えてたんだ 館主 「!」
4年ぶりの訪問かな。
・・・・・・・
たくさんの車が停まっている駐車場。車を降りると・・
「うわあー♪ いい香り♪♪ さすが 香り百景だあー♪♪♪」
病院でのコトもすっかり忘れテンション高くなっています。

「うわあー きれいだあー♪」 それにして平日なのに なかなかな人・・人。




  

お互いを撮りあう25年目の私たち。
ひと回りもふた周りも<ふくよかに>なったカップル▽Δなのでした。

  

短い時間ながら バラの香りいっぱいの公園を散策して
とっても爽快デス♪

さきほどの写真を歩きながらチェック。
「かなりプクプクだなあ∴ パパ 今日の体重計って! 今日から<ごぼう茶>飲みます!! ごぼう茶ってすごいみたいよ。私も体重計るカラ▽
1ヵ月後に ふたりで計る。 まずは2.5キロ減を目標に! どうですか?!」
「・・・ん」

先日来 <ごぼう茶>の効能を語る語る次男。
なんでも自分で作った<ごぼう茶>をペットボトルで持ち歩き、お水代わりに飲んだところ・・・
体重90キロ台らしかった彼が現在78キロになり、体調もすっかり良くなった様子。

そのお手製ごぼう茶が宅配で届いたのでした。

「やってみるべ!」
-2.5キロ減量を勝手に誓うアラフイー私。
さてさて・・威力はいかに?

ともあれ 村山市・東沢バラ公園は今がかなーりお奨めデス!!
バラ祭り開催中★東沢バラ公園HPはこちら

アラフイーのつぶやき | コメントはありません

藤の花ロード★ご紹介・・の巻


「ちょっと待って!!!パパ いいねえ♪♪ すばらしい♪ 藤の花がこんなに・・!!」
「ん」
す・ば・ら・し・い♪ 山一面に驚くほど<藤の花>が咲いています!!
・・・・・・
ここは 只今 肘折温泉に通じる深沢道の光景デス!
実はいつもの本道=湯の台ルートが只今 道路補修工事のために、皆様には深沢ルートを通っていただいております。
今まであまり通らなかったこの道
前回ご紹介しました<山ノ神神社><今小屋の壮大な農園>などなど発見の連続ですが・・
こんなにも 藤の花を間近で しかもこんなにたくさん見たのは アラフイー50歳にして初体験!デス◎◎

すると・・・
ホーホケキョッ ホーホケキョッ
「!」
澄んだうぐいすの鳴き声がはっきり聞こえます♪
本当に ホーホケキョッ って鳴くんだあー。



しばーらくぶりに館主とのドライブ=というか私の用事→運転手を頼まれた館主・・。
なかなかに幸先の良いスタートコースとなりました。
「なんか この道に名前つけたいなあ。」
とすかさず館主
「藤の花ロード いいんねガヤ!?」
(通訳:藤の花ロードがいいのではないでしょうか!?)
「! それいい!!」

実は日本舞踊を習っている私
藤の花を見ると・・ついつい「藤娘」をお稽古したときのことを思い出します。
なかなかハードなお稽古だったな∴
ブログアーカイブはこちら
  

さて・・なかなかに雰囲気の良い車内 いざ街∴へゴー!

「帰り道にサア 東沢バラ公園みでこね?」
(通訳: 帰り道に 東沢バラ公園を観てきませんか?)
「ん」 

・・続く。

春スケッチ | コメントはありません

山笑う&山茂る★月山竹初登場♪・・の巻

6月も早10日・・・。
肘折はいつも残雪から一気に<山笑う>ときとなり・・重なるように<山茂る>を迎えます。
午後からちょっと温泉街に繰りだすと・・・
「あっ 月山竹!! 出たんだあー♪」
「はいっよ 今入ったドゴ  ちょうど電話スッカなあと思ってダンダ」
(通訳: たった今入荷したところです。 ちょうどお電話しようかと思っていたのですよ)
いつもお世話になっているF商店のお母さんデス。


今日は・・炭火で採りたての<月山竹>を焼いてお楽しみいただきました。
ナイス!!

そして・・ グングン夏に近づく季節の厨房に
今日も旬そして上質な食材が届きました♪
 
いつも 鮮度バツグンの海の旬を届けてくれる田中さんから 「いい岩牡蠣入りましたよ」
初登場♪
 
こちらは「みずきり」・・初夏の山の定番1品。
山菜・みずの赤い根の部分のみを使用します。
①みずの根をよく洗い刻みます。
②たまねぎ、わかめ、みょうが、しその葉、ししとうをそれぞれ別々に刻みます。
 (たまねぎは刻んで水につけておきます)
③②の水分を軽くとって①に②を加え混ぜます。
④山形のダシに近い味付けで 濃口しょうゆと唐辛子で軽く味付けします。
⑤④を冷蔵庫に入れて冷やし 味をなじませます。
⑥涼しげな器に盛り付けます。 

  

あいこのくるみ和え                         こごみのふきのとう味噌和え

 
 
うるいといかの納豆和え                      館主が山から採ってきた・・たらの芽                                     

 こちらは 人気メニューの最上特産馬刺し・・にんにくをたっぷりつけてどうぞ・・。

まさに今<山笑う>・・・そして<山茂る>とき 美味しくお楽しみ下さい♪

美味しいスケッチ | コメントはありません

お待たせしました★体内時計は夏へ♪朝市当番・・・の巻

今朝のテーマ=寝坊しないコト
「パパ 明日5:30に必ず起こしてヨ!」
・・というのは 今朝6:15~の<山菜まつり★山菜汁サービス>当番ダカラです。
夕べから約100人分の山菜汁を仕込みOK♪
色味が悪くならないように 朝にうるいとあいこを足し完成させる作戦なのでした。

起きた◎◎  起きられた◎ ほっ
朝苦手なコトを知っているスタッフ皆さんからメール着信。
「起きましたか?」 ・・・・ご心配おかけしてすみません。 

当番の律っチャンと朝市会場までエッチラコッチラ運びます。
早朝5:55 すでに 行列!!! ありがとうございます!



「美味しかったヨー♪」 「イヤアー 美味かった」 エヘヘ大好評のお声にほっ!
時間にして15分ほどで完売となりました。
「?」 みると
朝市のおばちゃんたちの間に・・・ニコニコ談笑している館主発見?!
すっかり定位置で すっかり売り子のおばチャンたちになじんでいるのデシタ。


「たっだいまー」
早起きにテンション高くなったアラフイー私・・いつもにまして元気に帰宅デス。
お天気もピカピカだし 最高の朝♪
なんか今日もいいコトありそうな予感♪
春眠暁を覚えず・・からやっと脱出のとき 私の体内時計いよいよ初夏に突入なんだと思います。
館主が一言
「お母さん 今年の春寒いの・・わがった!」
「? なんで?」
「今年は3月が2回あるガラ・・。うるう年 昔の暦ダト まだ4月20日頃だ。」
「! んだの!! ナールホドー。 だから朝眠いんだナ▽・・私」
「?」
ほっ なんか暦のせいにして安心したような・・・
遅かった春にあわせての動き そっかあー だからかー 

ここから ますますハッピーな夏へゴーです!!

春スケッチ | コメントはありません

80歳も酸素もなんのその★山形ばあちゃんの一撃∴・・の巻

「おめでとう! ばあちゃん」
肺気腫で1ヶ月半の初入院生活となっていた私の母=御歳80歳
6/1晴れて◎退院の日を迎えました。
・・・・・・・・・・・
今年80歳になった母=カノ女について、なかなかなパワーその一面をご紹介させていただきます○Δ□

 ◆場面その1
 お見舞にいったある日のコト・・・
 5月某日、先日ブログでご紹介<女将会山菜試食会>が県内ニュース各局で放映されました。

 「ママみたよー テレビ!シャワーの時間から急いで戻って・・
 みーんなに言って一緒にみたよ」
 ここまではOK!

ここからが・・山形ばあちゃん
酸素の器械をすっかり慣れた手つきで引きずりながら・・・
鼻にはチューブの姿で ウフフ ニヤニヤ じっくり私をみながら
「? なにや?」
「・・・なんかアナタずいぶん<太って>映ってたねー。
貫禄あるっていうか・・ドスッていうか・・あのやせっぽだったアナタから想像もできないねー。」
「・・・・・▽ んだの? 全然見てなかったカラ エー▽ ドスって・・そんなに・・」
(通訳: そうでしたか?)
実はアラフイーかなりうろたえております。
そばにいる同室のお優しそうな方が気の毒そうにフォロー・・。
「あらあ まあそんなコトないですよ。」
「・・・・」
なんか妙なムードが漂う病室。
「イヤおかしかないケド・・白っぽい着物着てたからねー。なんかドスっていうか・・落ち着きがあるっていうか
変っていうんじゃないけどサ・・。」
わかったから・・なんとかお見舞いモードにもっていこうと
「アイス食べよか?」と誘う私。
「いいねー! 下の喫茶に行こか」
何事もなかったかのように 私の前を例の携帯酸素器械を引きずりながら・・
姿勢よく颯爽と歩いていきます。
・・・・・
やられた。 
・・・・
病院のトイレの鏡でついチェック▽▽ 素直すぎる自分がエライかも!
家路につく途中 色の濃い柄物のお洋服をゲットし
なるべく白っぽいには控えよう・・と思う私でした。 素直∴

 ◆場面その2
 左写真はカウンターの姫りんご♪ 満開になった
 6月初日に退院の日を迎えました。 
  「!」 もしや・・と思い病院にTEL。
  「1時間ほど前にお帰りになりましたよ。」
  「!」
  ・・・・・
  やられた
  ・・・・・
 お世話になった東北T病院から自宅までは車で約5分。

鼻から携帯酸素器械の姿で へーキで運転して帰った様子。
早速実家へTELする私。
「ハイ ○○です。」 元気なばあちゃんの声。
良かった。まずは安心!
「あらー ママ 退院したの・・ごめん連絡するのうっかりして。うん 大丈夫。 車? どうしたの?」
アノネ・・
酸素背負って車はないべ∴
2~3日後に肘折にきて少し療養してもらおうと思っていた私。
「6日に行くから!! 酸素の器械の業者さんがねー <後ろから>ついてきてくれるんだって!!よかった♪」
「??? 後ろから? もしかして車でくるつもり?」
「そうよー。 だって荷物いっぱいあるしねー」
・・・・アノネ いくらなんでも・・ それはダメ
片道1時間30分の道のり 酸素背負って 退院したばかりで ありえない∴∴
・・・・・
このように私の心配は増長するばかりなのでした。
もっとも女性が運転するのが珍しい時代に免許をとって、以来車の運転には絶対の自信をもつカノ女。
入院前は 肘折温泉までヘーキで運転してきていたものですから・・。
ここはなんとしても阻止せねば!と病院の方々にも裏でこっそり<作戦>相談してたのに。
一足違いで退院しちゃうし・・ あーあ

 ◆場面その3
  左は2月新年会での記念写真。
  後右端の赤いセーターが山形ばあちゃんデス。
  この写真を撮った後
  宴もたけなわになり カラオケが始まりました。
  ふっとみると・・
  座椅子から立ち上がろうとしてドタッと転んだばあちゃん。
  「だいじょうぶ?!!」
  「お母さん 大丈夫ですか?!!」

佐藤チーフも気づき、一斉に皆心配してかけよろうとしていたところ・・
そのまま立ち上がり まっすぐ・・まっすぐマイクへ一直線。
夜桜お七 だったかを歌い始めたのデシタ∴
「・・・・・・・」
みな顔を見合わせ 大爆笑!!!
全く気にする様子もなく 歌い終えて ペコッとおじぎ。
アノネ ばあちゃん 無事で良かったケド 面白すぎ・・だから。

まあ まあ
なんか ヘッチャラな80歳山形ばあちゃん 
こっそり 6日は迎えに行くしかないな ・・と作戦展開中の私たち。
いよいよ肘折に来ます!
さあ カノ女のパワーに圧倒されないように
柄物の服∴を着て 努めて穏やかに ハッピーテイスト満載!でフォローするしかないな。
さてさて・・・ 

アラフイーのつぶやき | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る