女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

祈りの旅◆幸福のパワースポット地蔵倉のコト

3月11日の大震災から2ヶ月半が過ぎました。
被災地の皆様また復興支援の皆様にはいまだ大変なご苦労とお察し申し上げます・・。
ここ山形県内では5月に入り余震も全くないような状況で、おかげさまで震災前の落ち着きを取り戻しています。
そうした中・・・
新庄市内のお寺の奥様7名様でご来館いただきました。

うかがえば・・今回は震災の鎮魂の旅とのこと、2日がかりで最上三十三観音を巡るということでした。
写真はお帰りの際のご様子です。
皆さんで「報謝御和讃」をあげていただいたものです・・。
静かな鐘の音と爽やかな唱和が館内に響く朝となりました。ありがとうございます!!
 

山形県には出羽三山があり、例年三山参りや三十三観音参りといった巡礼の方々が多くいらっしゃいます。
県内全てを巡るにはなかなか難しいことですが、最上三十三観音は2日で回りきれるから・・とうかがいました。
そういえば・・・
5月に入ってから 巡礼の旅のお問合せが多くなっていることに気づいた次第です。
安易にパワースポットという言い方はなんとなく申し訳ないように思えますが・・・
実際 肘折には地蔵倉というとても不思議な場所があります。
 

地蔵倉概要: 地蔵倉は約600年前に開創された霊場です。諸国を順礼していた1人の翁が出羽三山を訪れた際、道に迷ってしまいます。そこで地蔵権現が姿を変えた少年と出会い温泉の源泉を教えてもらったと伝えられています。翁は地蔵権現が住んでいた洞窟を聖地として堂宇を建立し信仰を広げたそうです。周辺の岸壁は凝灰岩で造られていて、岩肌には無数の孔が開いています。その孔に紙を捻り穴に通すと良縁に恵まれると信仰されていて現在でも多くの人達がここに訪れるそうです。参道にはガードレールが備え付けられていますが断崖絶壁を横切っていく様は当時の修行の場を容易に想像させてくれます。
・・・・・・・
特に「縁結びのパワースポット」として知る人ぞ知る場所なのです。
近いのに・・お客様にご案内するばかりでここ何年か行った事がなかったなあ▽
!!!
来月3人目のお子様が生まれるスタッフ奥山君
「あっそうだ!オクヤマ君 明日行ってみね?」
(通訳: 明日行ってみませんか?)
「んだっスね・・ オカミさん やっぱり晴れた日にしますベ」
(通訳:そうですね・・晴れた日にしようではありませんか)
ナルホド 明日は雨模様のお天気か▽
地蔵倉頂上に近いところはさすがにちょっと雨の日は▽かな。

地蔵倉へは元河原湯からお車で5分、そこから徒歩10分ほどで上れます。
ぜひ機会がございましたら!!

今できること | コメントはありません

ご意見番Oさんと踊りの夜・・の巻

 上の写真は・・アラフイー女将=私デス。エヘヘ
何ヶ月かぶりに〇踊らせていただいた図・・・曲は山形の代表的な民謡「真室川音頭」
5月某日・私のご意見番Oさんが日本舞踊の大御所コイシロウ先生とご来館された日のこと♪
ときどき当ブログに登場いただくご意見番Oさん・・アーカイブブログはこちら
Oさんをちょっとご紹介します。
1芸能界に大変通じていらっしゃる 2昔ながらのしっかりした新庄弁を話せる
3申年・御歳79歳 4着物がとてもお似合い 5アラフイー女将を「ヒデホちゃん」と呼ぶ唯一の方 6涙もろいかも・・
この日は坂本冬実さんや藤あや子さんに振付にいらっしゃったハワイ在住の舞踊師匠西川コイシロウ先生といらっしゃいました。コイシロウ先生は3回目のご来館です!
・・・・・
広間で・・コイシロウ先生から「武田節」「関東春雨傘」2曲とアンコールにお応えいただき「槍さび」のナント3曲を披露いただきました!ありがとうございます!!
(お写真が掲載できないのが残念ですが・・只今交渉中です)
その後
お客様からのリクエストから・・女将踊らせていただいた次第デス。

「真室川音頭」に続いて・・・大泉逸郎さんの「雪の最上川」そして天童よしみさんの「あんたの花道」の3曲を踊らせていただきました。実は▽しばらく全くテープすら聞いていなかったのでとても困ったのですが、体が覚えていてびっくり!
ほっ♪
2年前に「長唄・浦島」を若柳会で踊らせていただいてから・・
その後の耐震改修工事で広間の定位置だった舞台を外すこととなり、はたまた更年期▽?体調不良でほとんど稽古できなかった私。その後体調回復したものの・・あの震災から踊るなんて・・と控えていたのデス。
そうした中・・
1年半ぶりにご意見番oさん&コイシロウ先生&お客様のおかげで「やっぱりお稽古続けます」宣言の夜となりました!
コイシロウ先生が披露された「関東春雨傘」は美空ひばりさんの曲、また「槍さび」とも私も数年前に稽古つけていただいた大好きな曲♪
やっぱ 日本舞踊はいいな!!
と汗をふきふきご意見番oさんのもとへ・・・
oさん「ヒデホちゃん 前よりいい感じになったじゃー」
   (アラフイーをヒデホちゃんなどと呼んでくれる方はoさんだけ)
ho     「? ・・ソウ? なんでだべネ?!」
   (通訳:・・・どうしてでしょうか?)
oさん「なんだか 前はバタバタしてで意気込みすぎだッケから 色気さっぱりねがったジュー」
   (通訳: 前は忙しそうな足さばきでしたから 色気がなくてつまらなかったなー)
稽古もしないで人前で踊るナンテ▽・・と師匠吉須衛先生にはこってり怒られそうですが・・
「あなたは・・・」と先生からも足さばきではずーっと叱られてきましたので。
そういえば
!ドライヤーをかける時も強▽ 弱でゆっくりブローするなんてドーモ・・みたいな
!待ち合わせをしてもいつもギリギリに走っていく・・みたいな
!着物を着ても半幅帯がスキ・・みたいな
こういう生き急いでる感じが踊りにも出ちゃってるんだなー とすっかりはっきりわかった気がしたのでした。
まあ いい歳になったのだから 
「ゆっくり丁寧に・・」
そう アノ震災があって思うことなのかもしれませんが・・
お一人おひとりと・・もっともっと丁寧に一緒の時間をつないでいきたい。
素直にそういう気持ちが強くなっている気がします。
「Oさん 私<槍さび>もう1度お稽古しておくから」
それっ お稽古に行くっちゃ!!

日本舞踊のコト | コメントはありません

極上わらびがやってきた♪・・の巻


  すっばらしいわらびデス♪                    採りたて♪ 山の達人=岡部さんのわらび

  アク出しレシピ2                          アク出しレシピ4

   アク出しレシピ5                        旬デス★最高デス♪お手製「わらびの一本漬」

「おはようさん」
「アレー おはようさん しばらぐだごドオー・・・」
(通訳:おはようございます。 しばらくですねえ・・)
しばらくぶりに朝のお散歩ながら朝市へゴー!
朝市には やっぱりいたいた・・。
館主がいつものポジションにチョコンと座って、朝市のお母さんたちとニコニコ談笑しています。
なんたって パパは朝市のアイドル〇だからなあ。
「オカベさん・・まんずいいわらびダゴド♪ ふっとくて まんず最高だにゃー♪♪」
(通訳:・・・すばらしいわらびですね 太くて びっくりするような最高のわらびですね♪)
「んだがヨオー いがっだガヤ?」
(通訳:そうですか・・ お目にかなってよかったデス)
いつものように照れたような笑顔の岡部さん。
山の達人です!!

・・・というわけで 上の写真のようにアク出しをします!!
注意◆わらびってそのままでは食べられないのですよ。知ってました?

<わらびのアク出し方法>
準備するもの:わらび4キロ、タンサン100グラム、大なべ、沸騰したお湯
1.わらび4キロを大きな鍋に入れる。
 (わらびのボンボンはこすり落とした方が良い)
2.タンサン100グラムを計量する。
 (1キログラムに25グラムの割合で使用する)
3.わらび全体にタンサンをまぶす。
4.大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かしておく。
 (元河原湯では・・ここで温泉のお湯を使用します→ますます色よく味がまろやかになるのデス◎)
5.ぐらぐら沸騰したお湯をわらびを入れた鍋に注ぐ。
 (注意!ヤケドしないように気をつけて下さい)
6.わらびが隠れるくらいたっぷりの状態にして落とし蓋をする。
7.そのまま約半日~置く。
8.いがみがなくなったことを確認してつけておいたタンサン水を流し水を入れ替える。

わらびはこうしてやっと食べられる状態になるのでした。知ってました?
アラフイー女将=私も山に嫁いで早24年。すっかり覚えたコトのひとつデス。
初めはなんにも知らなかったナあー・・ このわらびのコトも・・。
年季 年季=歳・・まあ今では お手製お漬物は得意中の得意分野◎になった次第デス!
さあ 今日も「わらびの一本漬」でお楽しみいただきましょう♪

美味しいスケッチ | コメントはありません

まな板の鯉▽Δ胃カメラの薦め・・の巻

5月23日8:20 新庄市Y医院・胃カメラ検診室
「ヨコヤマさん ウーン 大きかったなあ かなりえぐれてるな。 みて良かったね。」
「▽」
まな板の鯉状態でおとなしく●胃カメラホースを口に加えた私・・
こっくりうなずくのがやっとでした・・。
なんていう診断なのかドキドキというより・・早くこのマウスピースとカメラを体から出してくださいの状態。
「上手だったねえ ヨコヤマさん」
かなり胃が痛くて参っていた私・・妙なトコロで誉められます。でもうれしいような●
「ヨコヤマさん 十二指腸潰瘍だね。あと1週間遅かったら入院だったな・・輸血したり大変だったよ。ヨコヤマさん」
「今はいい薬があるから大丈夫・・デモ不摂生はダメだよ。アルコールも1ヶ月はダメ。それとコーヒーもね・・ヨコヤマさん」
いつもやさしい白髪の紳士・Y先生が穏やかにお話しします。
ぎりぎりセーフ!!! 
「▽▽・・そんなアルコール&コーヒーなんて見たくもありませんから」
と弱弱しく答えるのが精一杯なのでした。
・・・・・・・・・・
そうだよなあ・・不摂生極まりない生活スタイルだったものね
=早起きしても食事のとり方もルーズな時間=お腹がいっぱいになると動けない、頭が廻らない
=朝からすぐにコーヒー&T
=どんな時も寝る前にビール&T
アラフィー49歳★長年の癖が響いているのでしょう。と反省しきりです。
・・・・・
と・こ・ろ・が・・お薬をもらって早速効果テキメン♪
若いから▽治りも早いのか?! 日に日にパワフルになっていく自分に驚いています。
なんと 欠かさず飲んでいたビールはもう2週間飲んでないし♪ お薬もきちんと飲んでるし♪
しかーし Y先生の忠告が少しずつ遠くなっている自分にも驚くばかり・・。
机の上から周りいーっぱいに10日溜まりにたまったお仕事の山々に立ち向かうため
無意識にコーヒーを飲んでいる私▽Δ
「だって決算ダカラほんの1杯だけですから・・Y先生」と独り言いいながら
・・なんだか辺りをキョロキョロ見渡している自分。
そうこうしているうちに5月も末・・爽やかな風が薫る新緑の風景が広がっています。
   
                       カウンター席から望む姫りんごの木には真白な花が満開。
                    棚田の田んぼは代掻きの風景と様変わり。
                   そして朝採りたての山菜も最高のシーズン♪♪
  さてさて 復活のアラフイー 初夏に向かいます!
    ・・・・
 そして 最近ちょっと変だな・・と思われていらっしゃる方には
 ぜひぜひ 新庄Y医院の胃カメラをお薦めします!!
 やさしいんですから♪

 

アラフイーのつぶやき | コメントはありません

お待たせしました♪ 山菜シーズン開幕デス!

気持ちいいお天気と暖かい風の中・・・
いつものハケゴを片手に担ぎ 館主がニコニコ帰ってきました。
「お母さん コレ」
「うわーい!木の芽だあ!!!」
 待ってたよおー 木の芽が出る=肘折の春 こうした図式があるのです。

 湯の台高原ではまさに萌黄色の風景が広がっています。
 お待たせしました♪ 
 お待たせしました♪♪
 いよいよ いよいよ
 <山菜シーズン>が本格的に始まりました!!
 そして ぴったり本日から
 肘折温泉<山菜の食まつり>が始まります!!
 期間中
 1.お楽しみくじびき
 2.温泉街お買物2千円以上で5%OFF券をゲット
 3.朝市で山菜汁サービス
 お得な企画が目白押し!!
 極上の旬山菜とともにお楽しみ下さいませ♪♪
・・・・と
ブログに久々に向かっていると
館主がまたニコニコと木の芽摘みにお出かけデス。
木の芽が出始めてからというもの
今までのプチ冬眠生活とは別人のような行動パターンの館主
=5:30起床→朝市へゴー→木の芽摘み→読書→山ぶどう農園へゴー→そば打ち・・・
テキパキ パリパリ ニコニコ 動く動く
晴耕雨読 ともいえるかもしれませんが・・
百姓DNAを持つ館主の行動パターンは全く自然そのもの。

 さあ なにはともあれ
今日は 木の芽、こごみ、しどけ、山うど、あいこ、うるい・・が揃いました!
 ワクワクの極上の朝採り山菜でお楽しみいただきましょう♪

春スケッチ | コメントはありません

ベビーラッシュ♪in元河原湯

    

上の写真左から・・以前も当ブログで度々ご紹介していますが、
スタッフ奥山クンの双子ちゃん(ほのかちゃん&くるみちゃん)、七五三の写真。
そして右端の写真は、昨年誕生したスタッフユースケ君の次男かいとクン。
ここには写真はありませんが、昨年春に事務パートしんちゃんにも第一子の女の子が生まれました。
なんか うれしい1年!!「パパたちがんばれ!」コールを送っていたところ・・。
今年に入り・・・・
①1月のある日のコト
「あのーオカミさん 報告あるんスけど・・ アノー夏になりそうなんです・・。」
もそもそ報告する奥山君。

②4月のある日のコト・・・
「あのー 6週目ということで・・・。」
奥様アキちゃんとふたり揃っての報告はユースケ君。

「!!アラ まあ・・・・・」
次々とご懐妊のお知らせを受けています。
まあ ちょっとびっくり!しながらも 「おっ おっ おめでとうございます!!!!!」

少子化といわれる日本の中で
元河原湯はここのところ・・生まれる 生まれる
ベビーラッシュの様相デス♪♪

 奇しくも 今日は館主=横山政志のお誕生日!
 まさしく日本的にベビーブーム真っ只中に生まれた館主。
 「パパ 何歳ですか?」
 「はい 62デス」  62 62歳・・=昭和24年生まれデス。
 5/3は 例年 旅館という生業から<超忙し月>日なので・・
 「社長 おめでとうございます!」の一言でかたづけられそうな
バタバタして乾杯!のような結末となりがちなお誕生日。アラフイー私と13歳違いの夫婦だったんだなと再確認○する日でもあります。
 マサシ君お誕生62年目の今年は 
 千年に1回といわれる大震災、肘折に来て初めて雪の残る5月を迎えました。

ほのちゃん&くるみちゃん&かいとクンそしてこれからお誕生を迎える子どもたちがこれから見ていく世界・・・
少しでもいいことがありますように、いっぱい楽しいことがあるようにと願わずにはいられません・・・。

がんばれ 日本 
がんばれ パパ&ママたち

アラフイーのつぶやき | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る