女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

春色いっぱい★吊るし雛増殖中♪

  「どうですか?」 
  佐藤チーフが神妙な顔つきで試作をもってきました。
  「きれい!」

  いちごのソース 春色&春の香りいっぱいの一品です♪
  
  「もうそろそろ春の準備だな。
   なんか 春はるって感じがほしいなあ・・・」の女将の一言から
  たくさんの試作をみせてくれています。
  とてもまじめな佐藤チーフ
     ・・・・・・ニコニコ&ほっとした表情で厨房へ
  毎日 ごくろうさまです!

 
  続々 増殖中♪

  そして例の<吊るし雛>は毎日増殖中!!!
  きょうからは、
 いよいよ強力な助っ人登場=パートスタッフ勝江ちゃん=和裁の元先生=漬物名人が加わりました♪
満室でいただいている今日は土曜日
・・・・・なんだか みえ子さん&勝江ちゃん 気もそぞろ・・ソワソワしています。
 このスピードで・・・
 もしかしたら 3月3日に間に合いそうな雰囲気デス。

春色いっぱいに染まってきた館内
2月も残すところあと2日半∵  
なごり雪の3月へ もうすぐなんだじゃー♪
(通訳:・・・・・・・・もうすぐなんですよ♪)

春スケッチ | コメントはありません

B型トリオ★吊るし雛づくり∵♪の巻

「吊るし雛作ります」宣言から・・・10日目
エヘヘ 実は実は進んでいます!
  最初の一歩として 小さめなキットから・・というわけで
  「みえ子さん まんずやってみるべ!!」
  (通訳: みえ子さーん まずは一緒に作ってみましょうよ!!)
  「でぎっべが?」
  (通訳: 私にこんなことできるでしょうか?)
  ・・・・・・・と始まった吊るし雛 
  ついに1作目完成♪デス。
  かなーり細かい作業を根気良くこなした
  パートスタッフ★みえ子さんの作品デス♪ エライ!!
  鉢植えに詳しく&スタッフの美味しいおかずが得意なみえ子さん・・
  パッチワークも得意な彼女なのです。
  ho「なんか いいねえ みてみて このエビ かっわいい」
  みえ子さん「細かくて▼ なんだか 頭ぐるぐるになったッケハー∵」
  (通訳:・・とても 細かい作業で頭がパニックになりそうでしたね)
  そういえば!
  みえ子さんは私と同じB型  はまると夢中なんだな・・★ ごっくろうさま♪♪

 
     <犬張子>・・最初に私縫いました。            <ひよこ>次男+女将仕上げ

 
       <つばき>は次男タイヘイの手                 <みかんナド・・> 

  みえ子さんがポツリ
  「これって もしかして・・タイヘイ君 得意かも?!」
 その夜 茶の間をのぞくと なんだか 針と糸と布が散乱しています▼▽
  「?」
  「かあさん オレ もう限界ダワ∵ もう細かいんだもんなあ・・」
  「?」
  なんと 次男タイヘイが 吊るし雛に挑戦していました!
  「へエー!! うまいじゃん◎」
   上のつばきは次男の作品です。次男タイヘイは今年21歳の大学生=大男!
  その大きな体に似合わないような器用な手つきがほほえましい感じです。
  一応 某芸工大彫刻をしているのですが、縫物ができるとは驚き!!!
   触発されて・・一緒にちくちく  ・・・・夢中になってふたりでおしゃべりしながらも
   目は縫物に釘付け状態。 ・・・・もくもくと・・・・ふたり 夢中で縫い続けたのでした。
 
 アッ そういえば・・タイヘイもB型だったのだ。 なるほどオー!

  「で・き・たヨー タイヘイも縫ったのー」
 館主&男子スタッフ それぞれ 「おー」 「へえー」 
   全部で49個のキット  まずは本日6個完成♪デス。
 
 「なんだか 楽しくなってきたにゃー」 明日もはまってしまいそう・・。

  
  

春スケッチ | コメントはありません

雪上カメラマンがゆく★なごり雪・・の巻

 2月22日 場面=チェックアウト風景
 「ありがとうございました!! すばらしいお天気ですね♪
  お帰りの車で・・上の直線道路に入ったら 後ろを振り返ってみてくださいね!!」
 「?」
 「今日は すばらしい月山がみえますから」
 「!!」
 「進行方向には・・きっと鳥海山がくっきり見えます!!」
 そうです♪ きょうはまたまたすばらしい青空◎のお天気なのデス。

  「サトーさん 湯の台の写真 お願ーいします」
  春メニューの打ち合わせにきた佐藤チーフをつかまえて
  すぐに・・∵の雰囲気でねだる私。
  「・・・・・ 行ってきます。」
 ・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・
  「どげですか?」
  (通訳:写真はいかがでしたでしょうか?)
  さすが★★★ナイスショット!!
  15年来のコンビのサトーチーフ
  =実は・・名カメラマンなのです。
    

   
  湯の台高原の風景デス。
  3メートルに及んだ雪壁も、暖かな春のような日差しで
  グングン低くなってきましたね。

  なごりの雪
  なごりの雪になってしまっています。
  ・・・なんとなく あせるなあ
  こんな美しい景色がもう少しで見られなくなっちゃう▽△
  トレッキングもまだしてないしイ
  星空ツアーも私は来てないしイ
  ・・・・なんだか時はあっという間。

  「ちょっと ちょっと パパ! かんじきトレッキングいがね?」
  (通訳:・・かんじきトレッキングに行きませんか?いいお天気だから・・)
  「んだな」
  (通訳:そうだですね 行きましょうか)


  

春スケッチ | コメントはありません

春がぐんぐん・・館主の一句デス

 


 
  
 

館主の一句 | コメントはありません

雪上カメラマンがゆく・・パート2の巻

すっばらしい快晴の午後♪♪
ちょっと忙しい午後に・・
「奥山さん ちょっと月山を撮ってきてもらえませんか?」
特に忙しそうなときに・・余計なことをお願いするときは「・・さん」付けになる私。
「逆光ですゼイ▽ オレは午前中の月山が稜線がギバっとしてていいんねがって思いますケド・・」
(通訳:逆光ですよ 私は・・・くっきりしていていいと思うのですが・・)
「いいがら」
(通訳:いいからさっさと▽撮ってきてください。)
頼んでおいて 冷たい一言・・「私は 午後のモヤッとした感じがいいのよ」
・・・・・・・・・
・・・・・・・
「ごくろうさまあ」
「どげですか?」(通訳:どうでしたでしょうか?)
さすが 奥山さん ナーイスショット!!です。
「いやー こげな雪の上に上って撮ったンスから・・。」
(通訳:ええ 大変に高い雪壁の上に上って撮りましたヨー 大変だったんですよ。)

やっぱり ★雪上カメラマン★だ! 
以下 湯の台高原からの雪上カメラマン★奥山スケッチです。
  

 

 

冬スケッチ | コメントはありません

ナナビーンズ万歳!始めます☆つるし雛・・の巻

 左は私のお雛様デス。
 小さい 小さい<木目込み人形のお雛様>♪
 今年もいよいよお披露目の季節を迎えました。
 小さい頃は大きなお雛様に憧れて
 なんでお家のはこんなに小さいんだろう??
 ・・と悲しくなったこともありましたが、 
 今ではこの小さな小さなお雛様は宝物デス!
 ずいぶん傷んでしまったところもありますが、こうして並べて
  みると・・そりゃそうよ
 私のお雛様==アラフイー=年季が入った!
   =ナント・・約五十年前!△▽のお雛様なのですから∵

 右上の写真は横山政五郎の「こけし雛」
 横山政五郎は当家二代目。
昭和に入り、こけし職人として農家のかたわらに作ったようです。
 今では大変貴重なものとなっています。
  ・・・・・
 さて、今年は<吊るし雛>を作るんだ!!と宣言して・・
2/15(火)山形の裁縫専門店に行ってきました。
 そこで 偶然 ◆つるし雛作品展◆をご紹介いただき観てきました♪
 ところは 山形市七日町・ナナビーンズビル6階会場です。 
 期待を大きく超えるすばらしい展示でした!! ~2/20(日)まで
 お時間があればぜひ ぜひ お薦めデス♪


「吊るし雛作りますよおー!!!」と宣言した私
早速 吊るし雛キットから始めることにし・・
「せっかくだから せっかくだものいちばん大きいものに・・」とゲットしてきましたが、
できるかなあ?
さてさて 今年のお節句(旧節句4月3日)にどこまでできるか?!
われらが勝江ちゃん=漬物名人=実は和裁の先生・・に早速報告!!
「勝江ちゃん 一緒にお願いしまーす」
ホントに一緒!にできるのか はたまた勝江ちゃんの内職になるか・・がんばります。

そして このナナビーンズ5階には ◆やまがた伝統こけし館◆がありました!! 
  フーン と特に期待もしないでなにげなく立ち寄ったところ・・・
  すばらしい 展示空間にびっくりしました。(知らなかった▽)
  上記の政五郎こけしももちろん展示してありました。
  施設案内の女性★工藤さんの大変丁寧な解説に感謝デス♪ 
  また行くっちゃ!!

 上左写真は 重の助こけし(肘折系)・・・重の助さんにはとてもお世話になりました。
上右写真は 政五郎こけし・・・現在 当家には13本所蔵。
山形ナナビーンズはこちらへ http://www.yamagata-cci.or.jp/nana/

春スケッチ | コメントはありません

山のパテシエ∵バレンタインデイ♪の巻

バレンタイン バレンタイン ・・というワケで

 13日午後から・・
 この前から密かに準備していたケーキづくり材料を片手に、いそいそ厨房へGO!
 去年は全く手作りできなかったので、今年は絶対!とひとりで誓っていたもので・・。
 厨房佐藤チーフ
 「??なに始めるんだい?」の優しい∵視線の中
 お得意★ココアボールとバウンドケーキにとりかかった次第。
 「佐藤さん ケーキ作る人のコト 何ていうんだっけ?」
 「パテシエです」
 「あっそうそう パテシエ パテシエ」と すっかりパテシエ∵気分。
 早速 お世話になっている男子の皆様にラッピング!
  また  お泊りの男子の方々に・・ ささやかながら 2月中
 プレゼントさせていただこうかと・・・!!
 「佐藤さん ケーキセット&夜のスウーツケーキは私にまかせて!!」
  横山農園のブラックベリーや山ぶどうをちらしたらいいべなあ・・
  お雛様特集にもいいと思わねエー?!・・
 (通訳:・・・・ちらしたらいいと思うでしょう。 お雛様特集にいいと思いませんか?!)
 なんとなくニヤニヤ・アイデアは大きく膨らむ 膨らむ
 ・・・・・・
 ・・・・
 夢中で作っていて
 「佐藤さん 佐藤さん お菓子作る人のこと 何ていうんだっけ?」
 「だ・か・ら パ・テ・シ・エですべ∵」(通訳:・・・・パテシエでしょう。)
 「そうそう んだッケ▽」(通訳:そうそう そうでしたわ )
    ちょっと新しい言語が入らないアラフィーだな∵
 まあ ともあれ  ぜひぜひ 山のパテシエ∵ケーキセット ぜひお試し下さい♪
 

アラフイーのつぶやき | 2件のコメントがあります

雪上カメラマンがゆく★雪掘り達人たち・・の巻

 【雪の達人その1】
 久しぶりの青空♪
 写真は屋上からの景色デス。
  1月27日しばらくぶりのすばらしい青空の下
 雪掘りの達人ミツルさんたちがやってきました。

 「まんず・きょうはいがったなやあー・・いい天気でなあ」
 (通訳:まずはきょうはいいお天気で良かったですね。)
 「どれ 始めっかい」
 (通訳:さて 始めましょうか)
・・・・・・
 ・・・・
 さ・す・がデス♪
 屋根の雪下ろし・・達人の技でスイスイ進みます!
 
  注:肘折では雪かきなどとは言いません=「雪掘り」デス。

 
 写真は社員寮からの雪おろし風景
 ミツルさんは先日の「朝ズバッ」にも登場しました。
 なんたって 仕事が速くて きれいデス。
 

 こちらは玄関前
 「んじゃ ミツルさん 気をつけて!!私下で見ているから・・・」

見ていてなんになるンだい??
・・・なのですが、なんとなく・・。
いよいよ旅館屋上のいちばん高い所から下ろします∵
屋上にある管理棟の屋根は狭く急勾配となっていて
実はあまりに高いので・・
「オレ さすがに無理デスベ▽」
さすがのスタッフ奥山君もとても上がれません。
心配症の私・下で見守ります∵∵
  「ミツルさん とにかく気つけでなあ」
  「おー」
   ドッスーン ダダダダダー
  いよいよ大音響とともに
 モーレツに大きな雪の塊が落ちてきました。
  見上げると・・・ミツルさんが<雪のこぎり>でスイスイ
 「うわー ミツルさん★さすがだにゃー」
  (通訳:・・・・・さすがですね)
 !!
 慌ててカメラをとりに戻り
  雪の塊をよけつつ・・私 走ります!

 落ちてくる豪快な雪をもろともせずパチパチ撮っていると・・
安全係りのみえ子さん すかさず
「アラアー 女将さん ☆戦場カメラマン☆みだいだにゃー(笑)」
「あっ(笑) ホントだ まるで☆雪上カメラマン☆」

 【雪の達人その2】
 写真は温泉街に入る道路デス。
  見てください!! この除雪の技♪
   全国有数の豪雪地帯にも関わらず、毎日送迎できるのも
  こうしたピカいち☆除雪の達人のおかげです。
   道の際をビシッと掃く技術は相当な腕前!!!
   周りにはたっぷり<雪壁>がみえますが、
  道路事情はご覧のとおり=かなり◎◎◎なのです。

  きょうも快適ドライブでゴー♪
  毎日ごくろうさまです♪♪

冬スケッチ | コメントはありません

「福は内 鬼は外」・・そして立春デス♪

 「パパ 早くウ 早くしてケロ・・ 出番 出番!!」
 (通訳:お父さん テキパキ早くしてください)
 「わがっだガラ・・」
 (通訳:わかりましたから・・もう言わなくていいよ)
 ・・・・・・・
 ・・・・・
 上の会話=特にケンカしてわけのではありません。
 2月3日節分の行事「豆まき」が始まるときの風景です!
 お豆を炒って準備万端♪
 節分の豆は「男が蒔くもんだ」・・
   と嫁に来た時から、菊太郎じいちゃんに教わっていたのです。

 「昔は 紋付はかまで蒔いたもんだ」とも聞いていました。
そのくらい この節分はとてもとても大切な行事だったのだと思います。
家長を筆頭に家の男子が枡に入れた豆を蒔くのです。
  (・・・モンダ=菊太郎じいちゃんの言い回しでした。)

 館主「では 始めます」
 次男「母さん んじゃ行ってくるから」
 ちょっと神妙な顔つきで 館主と次男が館内くまなくそして威勢よく豆を蒔いていきます。
  ・・・・・・
 「福はアーうち 鬼はアーそと 福はアーうち 鬼はアーそと」・・・・・
 大きな声を出すのが照れくさそうだけど・・
 無事終了と相成りました◎

 

 

 館主「はい 無事終わりました。」
 皆  「ごくろうさまでした!」
 館主「では さあ 明日は立春です!! 
     もう春は近いです。 元気にがんばりましょう!
     来年の節分も、皆元気な顔で乾杯できるようにして下さい。」
 皆  「はい」    
   お神酒で乾杯♪ 
   東光のにごり酒をまわします。
 ho 「アラ 美味しい アラ このお酒うまいわー」

 節分の夜は豆まきした後は外に出ては行けません。
 これも 菊太郎じいちゃんから当然のように教えられてきたことデス。
 こうして 無事?!節分の行事が終わりました。
お正月から一念発起し★何年かぶりで認めはじめた<10年日記>
 今のところ毎日記入しています。(B型の私としてはびっくりマークなのですが∵)
 さてさて来年のきょうの日記は、一体どんなコトが綴られるやら・・。

そしてキーンと冷えたものの青空の見える穏やかな朝。
本日<立春>を迎えた朝です。
さあ 1日1日 春が近づいてきます・・♪
 

冬スケッチ | コメントはありません

歌のチカラ・・・の巻

しばらくぶりにマイカー出張があり、山から久々に街場(笑)にゴー。
しばらくあまり聞いたことのなかったCDをかけると
Around 40 の中にあった
今井美樹の PIECE  OF MY WISH  が流れてきました。
「フーン」
なんとなくかけていたら・・・なんかいい歌詞なんだなあ。

 
 朝が来るまで泣き続けた夜も
 歩き出せる力にきっとできる
 太陽は昇り心をつつむでしょう
 やがて闇はかならず明けてゆくから
 
 どうしてもっと自分に 素直に生きれないの
 そんな思い 問いかけながら
 あきらめないで すべてが崩れそうになっても
 信じていて あなたのことを

 よく聞いたことがなかったケド  その時の自分にグングン響く歌詞デシタ。
 その時はちょっとカナーリ大きな失敗やら何やらがアッタノデ 
 ずーっと ずーっと自分を責めつづけたりしていたものだから・・
  ポジテイブな発想などゼロ 出るのはため息ばかり
      「あーあ ダメダ もうダメ 私ってバカだなあ」
 そんな時に出会ったものだから・・
 どきっとして・・なんか私に向かって歌っているような錯覚になったのデシタ。

ちょっといいので2番も紹介しちゃいます。

本当は誰もが願いを叶えたいの
だけどうまくゆかない時もあるわ
希望のかけらを手のひらにあつめて
大きな喜びへと変えてゆこう

愛する人や友達が勇気づけてくれるよ
そんな言葉 抱きしめながら
だけど最後の答えは一人で見つけるのね
めぐり 続く 明日のために

雨に負けない気持ちを
炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい
それでもいつか すべてが崩れそうになっても
信じていて あなたのことを
信じていてほしい あなたのことを

その後・・・出張の度にボリュームをアップして 何度もなんども聞いてしまいました。
なんか そうこうしているうちに・・すっかり元気になってしまって
「だあれだって失敗するときもあるっだなあー」(通訳:だれでも失敗することはあるんですよ)
・・・と開き直り じゃ挽回挽回!!みたいに動けるようになってきた私。

そういえば 今から9年前に 館主が脳梗塞で山形の病院を行ったりきたりしていたときも
その時は なにげなくCDから流れてきたハイファイセットが歌っていた「童神」
今はずいぶん有名になった曲でしたが
その頃はまだ聞いたこともないような曲。
「天からの恵み・・・受けてこの星にイー・・」イントロきくだけで
「んだ んだ・・」(通訳:そうなのよね そうそう・・) とちょっと涙目になりつつ大きな声で歌っていったッケ∵
子ども達がまだ中学生だった頃だったなあ
なんだか このときも<歌の力>に支えられていたように思います。

ホント・・つくづく歌には力があるな!!
次回 スタッフ懇親会のカラオケは 「PIECE  OF MY WISH 」 にしようっと!

アラフイーのつぶやき | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る