女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

3月★ある日のまかない<山のおからいり>♪・・・の巻

IMG_3294444
「きたきた♪」
「オー!!! さっすがー! 京野さんダニャ♪♪」

3月上旬
待ちに待った新しい<ルームキー>が届きました!
29年来お世話になっている 新庄・京野工芸さんの作デス♪

「パパ パパ 早くきて・・・はやぐー・・・」
「来たよー◎ 見てみてケロン!」
何事かと 少し速足でかけつけてきた館主。
「ん いいんねガ・・。」
(通訳:とても すばらしいではないですか・・。)
ボソッと一言
=精一杯&最大級の誉め言葉 が出ました!

IMG_32911111

京野工芸さんのおかげで 気持ち良い1日のスタートとなったこの日の夜・・・
いつものように
みんなのまかないづくりを始めた私。

今夜のおかずは・・・
・おからいり
・玉こんにゃく
・酢豚        などとなりました。

さてさて
<おからいり>ってよくスーパーで売っていますが・・・
作り方 知ってますか??
若かりし頃のの私 何度か何度もの失敗▽△を重ね・・・
今では 年の功か◎◎
「オカミさんのおからいり 美味いッス!」
と 口うるさいスタッフ奥山クンにいわれるまでに成長したのであります◎◎
エヘヘ∴∴

おからいりって 案外難しいかも・・というコトで
いきなり <山のおからいり> レシピご紹介デス!

【山のおからいり】
材料 おから、とりむね肉、ごぼう、人参、舞茸、しめじ

148827908252888 148827909576666

148827910762666

◆材料の準備
1.鶏肉を食べやすい大きさに少し小さめに切る。
2.油揚げを同じように切る。
3.ごぼうはささがきまたは小口に切る。
4.人参も小口に切る。
5.しめじ、舞茸はお湯に通し、あくだしの後 程よい大きさにほぐしておく。

私の場合・・・
冷蔵庫をサッとみて、その日の残り物を確認・・使っちゃうのでした。
「サトーさん ごぼうのささがき もらいます!」
「このしめじと舞茸 いいよね。」  的な感じで。

148827912877444 148827914865777

◆調理
1.鍋にサラダ油をひき、最初に鶏肉をサッと炒めます。
2.鶏肉の色が変わり始めたら その他の材料を加えさらにサッと炒めます。
3.調理酒を加え 材料がしんなりしてきたところで・・・
濃口醤油、水、ほんだし、そこに砂糖を少々を加えます。

1488279162852222
4.落し蓋をして 汁が沸騰してきたら 人参の硬さを確認します。
5.人参が柔らかくなったら 味見をし お好みで味を調整します。
*ここがポイント!
このときに煮汁が少ないと この後 おからを加えても
ぱさぱさになったり、こげたりするので、煮汁は少々たっぷりな感じにしておきます。
6.ポイントの煮汁の量を確認したら 一度火を止めます。
7.ここに おからを一気に加え、手早く混ぜ合わせます。

1488279286735555
しっとりした感じに仕上がったらOK!
コノしっとり感がポイントです♪♪

8.混ぜ合わせた後 味見をし 甘かったらお塩などで調整します。
9.ここに お好みで小ねぎを加えると 色味がきれいになります。

1488279205704444
ジャーン <山のおからいり> 完成デス♪

<おからいり>って 冷蔵庫の残り野菜を生かせるおかずなんですウー◎◎
一度 挑戦してみてはいかがでしょうか?!

さてさて・・・次回は
女将特性★玉こんにゃく&酢豚 などを ご紹介しちゃいます!
お楽しみに!!

「みなさーん はあーい! ごはーんデス!!」
「はあい!」
「ウイーっス!いただっきまーす!」

みんながパクパク食べ始めたところ・・・
朝の支度でまだお仕事中の佐藤チーフと
「明日はー・・・
サトーさん オーブンあるんだから・・<パエリア>してみるガナー!」
「はいはい ・・かと思いましたよ。
あさり、えび、いか・・買ってましたモンね。」
「・・・」
全てお見通しの佐藤チーフ◎◎

o-bun01111
さあ 明日も女将手作り★美味しい<まかない>でパワーアップゴー♪デス!

美味しいスケッチ | コメントはありません

美味しい如月から♪・・・の巻

「サトウさん 明るい感じでいきましょうか♪」
「・・・ですね。」

というわけで・・・

 

IMG_86644444

IMG_8732222

IMG_8735555

IMG_8740000

IMG_8728888

IMG_8725555

IMG_86811111

IMG_8750000

冬スケッチ, 春スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

2017★美味しい新春に乾杯♪♪・・・の巻

IMG_3050000

「おはようございます!・・・今日は何時から始まるの?」
「8時15分から 始めます!」
「わあー 楽しみダワ♪」
29日からお泊りいただいているお得意様o様からのご期待・・に応えるべく・・・
「みなさーん 始まりますよー!!」
恒例<餅つき>イベントが 大晦日の夜8:15~始まりました!

一番最初に大事な<こね>
「トメさん どう?」
「いいべヤアー!してみっがナ!」
ナント 今年は長年パートでお世話になっている70歳代のトメさんが しっかり担当してくれました。

tomesan01111
IMG_86044444
すばらしい力強さと腰の入り方に脱帽デス!
そして
餅つき初体験の皆さんやお得様にかわるがわる突いていただき・・・
長男コウサク&スタッフ奥山クンが しばらくぶりに杵をもったのであります。

「ありがとうございました!!いい餅になりましたヨー♪」
その場で 白餅&きなこ餅の振舞い で締め・・・2016大晦日の夜は無事に更けていきました。

さてさて 私たちのいつものお年越しは・・・
広間に だんご木&大黒様&恵比須様&松に啓翁桜・・とお正月飾りを整え

IMG_3089999
恒例の館主手打ちの年越しそば=今回は<かも南蛮つけ麺>をみんなでいただき・・・
「パパ ごちそうさまー!」
「社長 美味いッス!!」
sobauti01111
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
夜10時過ぎから

「サトウさん やろっかアー。」
「はいッ・・・。」
ようやく<おせち>の最終チェックタイム・・・・デス。

<昆布巻き>はアラフイー女将の担当♪
前日12/29夜から仕込み始めた エヘヘ・・・アラフイーお得意料理◎◎デス!

「サトウさん  味みて?」
「いい・・んじゃないですか!」
「私 昆布巻き屋 になるガナ?!」
「はい はい・・。」

IMG_8596666
12/29 仕込み風景・・・
「ふざけてしてる ミダイにみえるから・・ちゃんとして下さいヨ(笑)」 と佐藤チーフ
「グフフ(笑)」

1483328784735555
いきなり<昆布巻きレシピ>

1.硬い身欠きにしん2箱に竿前昆布4袋・・・
2.ニシン2枚を昆布2枚で ぐるぐる手早く 巻いていきます。

3.大きな寸胴鍋に 巻いた昆布を入れて 水をたっぷり入れます。
調理酒、濃口醤油を適量加え 中火で煮ていきます。
*こういう長くコトコト煮るときは<だるまストーブ>が大活躍!
「コウイチ君 <だるまストーブ>もってきてナ。」
1483328832525555
4.中火で約3時間・・・コトコト煮たところで
塩梅をみて また水とお醤油をたっぷり加え またコトコトコトコト
時々 塩梅をみながら 夜まで煮ていきます。
5.火を止め ちょっとお休み
6.翌日12/31の朝から また コトコト・・・
7.そこに ようやく砂糖を適量加え 今度は弱火でコトコト煮詰めていきます。
ただただ煮詰めていきます。
火を止め 味を浸み込ませます。
8.「よし!」 塩梅をみて完成!

IMG_9260000
栗きんとん、松風、二色卵、エビのマリネ、ごま豆腐、きんかん、お雑煮その他etc・・・は、もちろん佐藤チーフ担当♪
味見タイム
「どうですか?
「美味しそうな色♪ ・・・美味しい♪♪」

1483328802315555

1483328849719999   matukasa011

1483356020893333

 

1483329007891111

そして こちらは 女将担当の<田作り>♪1483355999057777
「お母さん 硬くならないように頼むネ。」 と長男コウサクの鋭い一言∴
・・・・・
「食べてみて! 大成功!うまくできたヨ♪」 とコウサクと奥山クンも呼びます。
「本当に大丈夫ですかイ?
いつだったか・・・歯に刺さるミッダいな時あったじゃないですか?!」
と 恐る恐るのような仕草∴
「まんず失敗したときの記憶って残ってるモンだニャー▽ ふたりともー」
「オー 美味いっす!」
「ン 美味い!」
「だべー(笑)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
そして最後は
「元日の朝食<盛りつけ>の最終チェック に入ります。IMG_86211111

IMG_862666
ここに つきたて餅三種とお雑煮 で♪♪IMG_8627777
「では 今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします!」
と 佐藤チーフとあいさつ
こうして 夜11:30 に終了した2016年大晦日の厨房デス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あけましておめでとうございます!」
厨房 7時 2017年お仕事が始まりました。
9時からの元日朝食に合わせて・・・・盛りつけに大わらわ デス!
「千賀チャン 桝酒 金粉 大丈夫?」
「オッケーです!」
お正月の琴のバックミュージックが流れる中・・・・
穏やかに 笑顔溢れる朝 を迎えることができました。
食べ放題のお餅をとり終わって・・・
「みなさん お食べになってる?」
「はい 食べてらっしゃいますよー!」
ほっとする私&佐藤チーフです。
さあ みんなで乾杯!!
落ち着いたところで
いつものように館主の訓示の後 お屠蘇乾杯!
おせちを時間差ありながら スタッフ皆でいただきます。

そして 地酒のおふるまい♪♪1483355969592222
こうして パタパタしながらも
笑顔いっぱい&美味しい元日を終えることができました♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから 7日後・・・
伝統行事<さんげさんげ>を迎えIMG_30988888

七草のこの日
元河原湯では<納豆汁>を七草粥に見たてています。
「サトウさん 最高!!」
「ありがとうございます。・・・」
1483797025508888
こちらは 女将手製の<だいこんの麹漬け>
「サトウさん どう?」
「ウン いいんじゃ ないですか。」
「私 漬物屋 になるガナー?!」
「はい はい・・。」
1483797098434444

ときどきの美味しさを大切に・・・
一生懸命お伝えできるように・・・
「今年も はりきってがんばっちゃいますヨー! みんなー がんばるよー!」
「オー!」
「ハイっす!」
「ファアーイ・・。」
「返事はしっかり コウイチ君∴」
「ファアーイ!」

冬スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

とっぷりホワイトクリスマス★たっぷり美味しい冬をどうぞ♪・・の巻

1481938280753333
「行ってきます!」
12月某日 しっばらくぶりのお休みをいただき
アラフイー私 2泊3日での箱根&東京へゴー!・・・と繰り出した朝
「!」
ちょっとダケ・・・ちょっとダケ・・。
と 電車の時間をきにしながら・・・あまりに 美しい雪景色に パチリ なのでした。

「冬ってこんなンだったニャ∴ やっぱ<きれい>だワアー♪」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
「ただいまあー!」
「お風呂もらっちゃいまーす。」
都会から帰った私 真っ先にお風呂へダッシュ!
「フーッ♪ やっぱいいなあー・・・。 フーッ 落ち着くウー♪♪」
やっぱり やっぱり
山が落ち着く=山女 なのでありました。

1481467165645555

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
さてさて箱根では
岡田美術館開催中の<伊藤若冲>展が目的。
御年80歳の書道&詩吟の先生=千葉のお得意様=赤津さんとレッツゴー!
アノ箱根駅伝ルートをバスがぐんぐん上ります。
「うわあーい!! すごーい坂だネ・・赤津さん!」
「そうねえ・・ココ走るんだから 大したものだワアー!」
と わくわくルンルンしている私たち・・・
ナント 降りるバス亭をまちがえてしまい
そのすごーい坂道を自分たちが歩くことになってしまったのであります。ガーン∴∴
テクテク&テクテク・・・25分上り続けた私たち∴∴
「ごめーん 赤津さん・・・私のせいで・・・トホホ▽」
「いいわよー 歩けば着くでしょ。なんかあった方が思い出に残るもんヨ!」
と御年80歳の赤津さんに励まされてしまう始末∴∴
赤津さん 毎朝お散歩1時間していらっしゃるだけあって 足どりはかなり◎◎
「オカミさん 大丈夫?」
田舎ですぐに車に頼る生活のアラフイー私・・・焦ります▽△
間違った原因は
小涌園で降りるところを小涌谷で下りてしまったカラ・・
だって
<小涌谷>と<小涌園> 似てるんだモンなあー▽△
トホホ・・・

jakuchuu0111
まずは無事<伊藤若冲展>を観て
今度はしっかりバスに乗り・・宿に着き 夕食を終えて
いつの間にかバタンキューの二人 なのでした。

hakone0111   1481370347700

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
そんなこんなの研修期間も終わり・・・
山はいよいよ とっぷり バッチリ真っ白な雪に包まれてきました♪♪
まさに <ホワイトクリスマス>ではありませんか!!

1481369785942222
こちらは雪見のカウンター席・・・夜にはライトアップします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
そして 厨房では 冬の素材が続々登場デス!

こちらは <あん肝>IMG_8541111
「サトウさん <あん肝>・・・最高デス♪」
「ありがとうございます。」
「日本酒 キュっといきたくなる感じだニャー。」

こちらは <カニ身&しいたけのかぶら蒸し>IMG_8555555
やさしい味付けに・・・ゆずの香りと炒ったぎんなんのコラボレーションが最高◎◎デス♪

そして・・・
こちらは <冬野菜とごまの白和え>
冬の定番メニュー・・・
大根、春菊、ニンジン、干し椎茸、ゆずそしてごまの香りが心地よい1品デス♪

IMG_8531111
「ちょっとー サトウさん・・もう もう最高なんですケドオー!!」
10年来お世話になっていますわれらが<田中鮮魚店>さんから・・・
きょうもとびっきり旬の<白子>が届きました♪

もう 今夜は熱燗しかないナ♪♪IMG_7289999
こちらも定番・・・厚焼卵♪
「サトウさん・・・ちょっと 一口 いいですか?」
「どうぞ・・。」
試食 と称しての 食いしん坊女将バリバリ∴
「やっぱり 美味しいんだよニャー♪♪」
甘いだけじゃない・・・とても優しい風味なのデス!

IMG_7148888

こちらは・・・
囲炉裏での<焼き餅>・・・12月にいよいよ登場♪
炭火で焼くと 美味しさ倍増!!
0366666
砂糖しょうゆで・・・または海苔を巻いて磯辺風に・・・

IMG_3121111
エヘヘ∴
キュっと熱燗に合うことまちがいなしの冬メニュー続々・・・◎◎◎

おかげさまで アラフイー私・・・研修の筋肉痛もほぼほぼ治り いよいよクリスマス&年末準備へスイッチオン!

さあ
今夜もばっちり美味しい★山のホワイトクリスマスをお楽しみ下さいませ!!

冬スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

熊茸&まいたけ&ます茸それからそれから山ぶどう★秋たけなわデス♪・・・の巻

1476153470639999
「ほっほー・・・なんですか コレ??」
「なんか怖いみたいだけど・・・あらっ いい香り!」

1476148066481111

そうです!
フロントカウンターに じゃーんと登場は・・・
熊茸!!
=香茸またはしし茸 とも云います。
詳しくはこちら

確かにグロテスクな感じではありますが・・・コノ香りがなんともすばらしいのデス◎◎
乾くほどに香りがフワアーっと強くなっていきます!

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
そう それは 約30年前・・・
菊太郎じいちゃんがまきストーブでこの<熊茸>をよく干していました。
アラフイー私が肘折に来たばかりの頃∴
それはそれは 気持ち良いきのこの香り
当時
長男&次男が生まれ <布おむつ>にこだわっていた時代
まきストーブのまわりにいっぱいのさらし=布おむつ
に、この気持ち良い香りが、程よく染みついたもの・・・
それ以来
熊茸の香り=布おむつ=若かりし時代・・・を連想させてくれて
今 認めている私 遠くをみる目になっております∴∴

さてさて
現実に引き戻されながら向かう厨房では

「おー すばらしい色♪ <ます茸>最高に上ものだニャー!サトーさん」
「柔らくていい感じッスよ!」

1476009294442222
なかなか出てこなかった<なめこ>
・・・・朝夕の冷えこみでようやく登場デス♪

1476009316442222
こちらは 山の達人=甲州サンが採ってきてくれた<舞茸>♪
重さ5キロ強・・デス!!

IMG_8161111

そしてそして・・・・
こちらは われらが<横山農園>の山ぶどう ではありませんか?!
「甘ーい♪」

ひと房ひと房確認して・・大粒の実を丁寧に房から外していきます。
今だけ<生>で食べられるンデス♪

1476009323497777
この秋・・・
晴天に恵まれた10月3日に 農園で一気に収穫した<山ぶどう>。
今年はコンテナに30ケ!!

ファーマー高山さん&門脇さん
お二人のシルバーパワーで今年も無事に収穫することができました!
ありがとうございます!!

ここから いよいよ<山ぶどう液>に仕上げていきます。

1476009382931111
「どーれ ほろぐべー!」
(通訳: それでは 実を房から外していきましょうか!)
まさに グングン<ほろぐ>作業がはじまりました。
=房からどんどん実を外します。
こちらはつぶしていくので 手早く手早くがカギ!
「私もしてみるウー!」
高山サンの笑顔に引きこまれて・・・ちょっとだけお手伝いデス。

1476009448900000
「オガミさんよー。 オレ この山ぶどうで染め物したらなんぼがいいべなー なんて思うんだ。ドゲだべ?!」
(通訳: 女将さん。 この山ぶどうで染め物をしたらすばらしいのではないでしょうか。 いかがでしょうか。)
・・と
高山さんがキラキラした目でおしゃべりデス。
「うん! 渋い色になるケドいいべニャー♪ やってみるべ!!」

とおしゃべりしながら コンテナ30ケを1日半で<ほろぐ>作業完了 となりました。
やっぱ すごーいデス。 シルバーパワー♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
ここから 絞り作業→殺菌→瓶詰め作業 を丁寧に進めていきます。
山ぶどう液ヌーボー登場は・・・
11月下旬~12月上旬の予定デス。
乞うご期待!!

budou201201111

さあ 秋の素材がバリバリ登場<秋たけなわ>
たっぷりお楽しみ下さいませ♪♪

秋スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

きのこにあけびに◎◎◎美味しい秋スタートです♪・・・の巻

1474896005908888
「おー ホッホー♪♪
・・・あけび! 栗!柿もある!! まあ・・<秋>だニャー♪・・」
「ん・・。」

9月のある日、館主が農園から 秋の作物を採ってきてくれました。

1474768897384444
こちらはなんでしょうか?
・・・・・・・
そう <おとぎり草>デス。

1474350304342222

35℃の焼酎に漬けて・・・

1474892826986666

1474892836966666

1474350055638888

1474350062811111

1474350012269999

1474350163080000

1474350102775555

秋スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

夏の終わりのエトセトラ★ジャムジャムジャム大作戦○△□・・・の巻

IMG_7980000
「いがったッス!!」
「うん・・・」

大きな大きな台風10号がくる という天気予報で 万全の準備でドキドキしていた8/30
予想のルートが北側にずれたことから・・・
今回・・・山形県内は特に大きな被害もなく難を逃れた次第です。

岩手また北海道の被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
たわわに実った稲やまもなく収穫を迎える果樹も・・・
そして 真っ白に広がりはじめたそばの花も・・・
どうなることかと心配しておりましたが、幸い無事となりました。

IMG_79799999
台風一過 秋晴れの9/1
「サトーさん お願いします!」
「ハイ。」
名カメラマン=サトーチーフに写真を依頼した私デス。

IMG_79766666
なにごともなかったような 高い空と穏やかな雲

IMG_79599999
肘折温泉に入る途中の湯の台高原では そばの花がほぼ満開に近くなっています♪
無事で良かったニャー!

IMG_79633333
どこまでも続く そばの花々・・・壮観デス!

IMG_7966666

そのとき  厨房では
「・・・・・・・・・・・・・・あのね・・・▽」

農園から続々届く<トマト>&<なす>の山に
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうきたか▽・・・・∴」

さあ 今年もいよいよ <トマトジャム>作りますヨー!!!

tomato01111
tomato02222

<ロッソロッソ><ズッカ><ボンリッシュ>ナドなど 館主セレクトの欧州トマトを湯せんし
ひとつひとつ丁寧に皮を剥きます。
=エヘヘ この湯剥き なんだか 大好きな作業ナンです∴
=なんか スルッと剥ける爽快感 いいべえ♪

と のんきなコトを云っていられるのも 大鍋ひとつ分まで・・・。
(注釈:大鍋=直径60センチ かなーり大きいんです。)

1472178874545555
剥く 剥く 剥く・・・ひたすら・・・。

1472178915986666
ひとつひとつヘタをとり 細かく切っていきます。
「フーッ▽△」
ひたすら 切る 切る 切る・・・。
「でぎだ!」
大きな鍋にワンワン入れます。
かなりの重さデス・・。

1472036530639999
大鍋に砂糖2.5キロとレモン1.5ケ分をしぼって入れ・・・
後は程よい甘さになるまで 弱火でゆっくり煮詰めます。
もちろん ときどきかき混ぜて 絶対焦がさないように注意します。
「ヒデちゃん みててナアー!」
「ハイよッ!」

1472036586066666
ゆっくり ゆっくり煮詰めること半日・・・
少し置いて 程よい<ジャム感>になるまで・・・またまた煮詰めます。

すばらしいトマトの赤色♪

そして
ジャーン!!!
コンテナ3ケ分の<トマトジャム>完成デス♪♪♪

「パパ パパ できたヨ!! 瓶で30本でした!」
「ご苦労様でした・・。」
ニコニコしながら退場デス。

jamu02222
コノ手作りジャムは
朝食の<ヨーグルトのトッピング>としてお楽しみいただいております♪

「サトーさん できた!!最高なんだジェー!」
(通訳:もう最高に最高なんでございますことよー)
「ご苦労様でした!」

jamu01111
「何するンすか?」
いただいた大きな大きな<尾花沢スイカ>を切る切る切る・・アラフイー私を見て サトーチーフが一言。

「ジャム!」
「・・・・・・・・∴」

1472036735529999
切ったスイカをアノ大鍋に入れて 砂糖2キロとレモン汁を加え
トマトジャムと同じように 煮詰めること1日・・・
湯剥きがない分 楽!!

「できた!!}
「種・・どうします?」
「あっ 種のコト忘れてた▽ ・・・・取るしかナイな∴」

サトーチーフ&ヒデちゃんの助っ人作戦
=コツコツ スイカの種を取り除き・・・
ジャーン!!!
<スイカジャム>の完成デス♪♪

1472036782807777
そ・し・て・・・・
コンテナに3ケの<なす>たち

1471396421078888
「ジャムにしてみる!」

なすの皮をミョウバンでもんで色を出し
煮詰める汁に加えます。

ジャーン!!!
「でぎだ!!」
ヘロヘロになりながらも○△□
ちょっと きれいな茄子色が出ないのがちょっと悔しいものの
まずは・・・・<なすジャム> の完成デス♪

14721789354877777

グングン育つそばの花の季節に
グングン育つ農園トマト&茄子 に翻弄されている間に
ツツツーッと夏が終わり・・・
気がつけば
9月の風の中・・・の私たち∴∴ なのでありました。

さあ  いよいよ 9月・・・芋煮と実りの秋へゴー!!

秋スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

葉山<とび茸>&農園<トマト>がやってきた★・・・の巻

「ちょっと アネさん
<とび>ドゲダべ?」
(通訳: ちょっと おねえさん <とび茸>を葉山から採ってきたのですが、いかがでしょうか?)
「アラ おかあさん・・・ ホウ 何キロ?」
「5キロ!」
「もらうウー!!」

IMG_272333333
ドーン と葉山の奥地からやってきた<とび茸>5キロ♪♪
コウシュウさんのご主人は まさに山の達人!!!
<わらび>&<月山竹>やこの<とび茸>ナドなど
季節ごとに 抜群にすばらしい山の幸を届けていただいております。

IMG_2731111
「コウシュウさん 一緒に記念写真 撮るべ!」
「アラあー コダナかっこでいいベガアー∴ アッハッハ(笑)」
(通訳: あらー このような服装でよろしいのでしょうか?!)

ふたりで 奥山クンにパチリしてもらっている周りで・・・
何やらモソモソ動いている人がいます。 =館主=パパ

IMG_2728888
スッスーと 農園から採ってきた自慢の<つやプルーン>を片手に・・・動いております∴

tomato05555

「お母さん コレッ」
「はい はい」

<とび茸>に負けないぞー的なノリで 登場デス!!

IMG_2751111

IMG_2752222
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

「ママー また来るわネー!」
福島からお越しのお得意様Fご夫妻

お帰り間際に またまたステキなお話しをうかがった後の記念写真となりました♪

すると・・・
またまた 後ろに人影∴∴

IMG_2753333
スッスー・・・と館主・・・
またまた 自慢の<つやプルーン>を持って立っているではありませんか?!

IMG_2755555
「アハハ(笑) いいなあー♪
ママ 社長さん 秋にまた来るわネー!!」

IMG_04100000
IMG_0414444
葉山からの<とび茸>&農園からの<つやプルーン>
夏の折り返しに・・・
美味しい素材が続々 続々・・・登場♪

ファーマー鈴木さんと手をかけてきたトマトたちがりっぱに育って・・・
かなーり張りきっているいる館主♪♪
この館主の張りきりモードのおかげで
連日満室いただいている館内も なんとなくニコニコ&パワフルに過ごせている感じデス♪

さあ 夏も折り返しの時
「みなさーん もうひとがんばり はりきっていくわよー!」
「オー!!!」

夏スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

トマトとなすのエトセトラ★夏の農園から♪・・・の巻

1466917929611111
「お母さん 畑サ行ってみるガナ?・・。」
「! 行く!」

元河原湯から車で3分のところに 大きなビニールハウスが1棟。
中に入ってみると・・・
「ホー♪」
欧州トマトやなすの苗がグングン育っているではありませんか!!

「いがったネ! パパ・・・鈴木さんたちにお礼しなくっちゃネ!」
「んだナ・・。」
(注釈:ファーマー鈴木さんと修さんにいつも農園を手伝っていただいております。
今年もガレージにいっぱいになるほどの苗が届いてから、ハウスを建ててるんデス・・・▽)

「ホッホー いい感じに育ってるんンね?!」
「んだナ・・。」

「なすの大きさがわかるように・・なんかない? パパ」
「・・・・・・」
「あるジャン!」
館主のめがねを置いてスマホでパチリ

1466917871654444

「いい<なす>ダアー♪ きれいな色♪」
作物の花って=なんともいえない可憐な美しさがあるよニャー♪

nasu0222
そして 奥にはトマトがいっぱいデス。

「オー!<ズッカ>だあー♪ 私 この<ズッカ>大好き!」
そうです。
館主のこのトマト作り 始めて4年
いつも巻きこまれてきた私・・・
収穫した後は毎年 すっかりトマトに夢中∴
「ジャム作るにはもう少し量がほしいデス。 来年は アレとコレとソレと・・植えてほしいナアー。」
すっかり
トマト品種の名前を覚えてしまっています・・。

tomato03333
「この<ズッカ>
かなーり大きくなるのデス。

tomato15555
ブログアーカイブはこちら

ボリュームが半端ないカラ ジャムやソース作りに最適デス♪

tomato18888

「あっ パパ これは<ロッソロッソ>だよニャ?♪」
「ンダ・・。」

tomato02222

そして・・・
他にも <ボンリッシュ><ルンゴ>
過熱して美味しくなっちゃうトマトたち
はたまた <プチプヨ>
昔懐かしい味がするトマトなんです。

IMG_3346666
IMG_3348888

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

農園見学から1週間経った7/1のコト

「なんで ここに<なす>があるの??」
と 初めてお越しいただいたH様の一言。
「!!」
フロントの うちょうランのポジションに・・・

14667360161766666

ちゃっかり登場している・・・みごとな<なす>!!なのでした。

nasu01111

「あっという間に大きくなったんだあー♪」

さあ 7月 夏野菜がうれしい季節へ
元河原湯ロビーに 横山農園から 続々と<何か>が届いてきます。

お楽しみに!!

夏スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

気がつけば夏の装い★美味しい初夏へゴー♪・・の巻

1466736085259999
1466736112625555
「お母さん 見てミロン・・。 真っ赤になってきた。」
館主がニコニコ報告デス。
「ン?!ホントだあー♪」
ダッシュで玄関前に飛び出すと・・
アノ高山サンの<さくらんぼ>が 輝くようにみごとに赤く色づいています!!

「すばらしいニャー すごいよー 高山サン!」
御年80歳になろうとしている高山サンのがんばりを思うと・・・全く脱帽デス。

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
6月も下旬を迎え
山形県内は 至るところで<さくらんぼ><さくらんぼ><さくらんぼ>!!
さくらんぼづくし なのであります!
この春&初夏・・山形県内は気候がとても安定していて しかも程よく朝夕の寒暖差もあることから
大豊作&品質が抜群なのだそうです♪

「そろそろ 保育園に連絡してみまーす!」
毎年 高山サンのさくらんぼは 肘折保育園のみんなに摘みとり体験プレゼントなんデス♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
館内も少しずつ 山野草に初夏の装いをプラス♪

14667360161766666
朝夕は15℃ 日中も22℃ と過ごしやすい今・・・
まだ出番は少ないのですが・・・登場しました★<羽のない扇風機>

senpu-ki02222

こうしたお天気の中・・・
山菜たちも月山竹も 実はいつもよりずーっとずーっと早く過ぎてしまっています。

「うーん 難しいッスね▽△」
と 佐藤チーフ
「だよねー∴」

朝市の仕入れをみての毎日のメニューの打ち合わせ
6月らしく=夏らしく過ぎず&デモ涼しそうに・・・と〇△□
佐藤チーフと私 かなーり悩んでいる毎日なのであります。

6月も残り7日
渾身のメニュー構成で
6月ならでは を・・・
夏の始まりならでは を・・・ お届けできるように・・・デス!!

IMG_7859999

IMG_7866666
夏野菜はなすダベ!・・・<焼きなす>の一品デス♪

siode01111
こちらは 山の王様=しおで デス。 かなり太い<しおで>・・・葉山の奥から届きました!

IMG_7781111
こちらは わらびの一本漬!!

IMG_7764444
こちらは 最上町特産の<アスパラ>!  炭火で焼いて◎◎ 甘いんデス♪

春から夏の始まりに移ろうとき・・・
涼し気に でも6月ならでは  をお楽しみいただいちゃいましょう!!
「行くわよー!!」
「オー!!!」

夏スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る