女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

美味しい秋★見ーつけた♪・・・の巻

「オカミさん・・・<かのか>入りました!」
佐藤チーフの報告デス。
「オーッツトー!!」
「で・・メニュー ・・・一部 替えますね。」
「オッケー♪」

1506740881173333

gurume01111
そうなんです!!
朝市には<旬きのこ>が続々登場♪
きょうは ちょっと遅れて・・・
<ぶなかのか>が初めて登場したのでした!

1506740891684444
「やっぱ いい香り♪・・・私 コノ香り大好き!!」

9月も下旬をむかえ
朝の気温は10℃以下にまで下がる日もあり・・・
日中の気温23℃ほど・・との寒暖差で
山のきのこがグングン美味しくなってきています♪♪

そして
「りっぱないい大根ダゴドー!」
そう・・・大根も 急にいい感じになっています。

1506740909033333
「そうかあー!」
かのか茸が出る頃に いつも大根が美味しくなるんだニャ♪
かのか茸には大根がとてもよく合うのデス!

そ・し・て
「オカミさん 届きましたよ。」
「!! やったあー♪ 待ってたよオー!」
そうです。
この秋も 逸見農園さんからピッカピカの新米<つや姫>が届きました♪♪

gohan0111
旬きのこ&新米 の季節・・・

さあ 美味しい秋をぜひお楽しみ下さい♪

 

秋スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

館主の一句★踊るよ◎舞茸&実りの秋へゴー♪・・・の巻

2017.9月0222222
「でぎだ・・。」
そうです。
館主が またまた手に和紙をヒラヒラさせながら・・事務室にやってきました!
「ホッホー!!早いンネ!」
(通訳:そうですか!!ずいぶん今回は・・とても早いではありませんコト!)

泣いた日からまたときは過ぎ・・・
いつものように 変わらない朝がやってきました。
時々プンプンカリカリになる間柄ながら・・・
考えてみれば 30年もの間・・・
悲しい気持ちも悔しい気持ちも・・・
ずーっとずっと一緒に感じながら過ごしてきた凸凹コンビの館主と私。

「サンキュ! パパ パパ これでいきます!!」
「ンダガ・・・。」
(通訳:そうですか。ほっとしましたよ。)

さあ さあ 季節のお便り作りが始まりました!
季節の変わりめは やっぱり館主の一句から・・・
これが<元河原湯の原点>=アラフイー私自身の原点になっているのかも・・デス♪

「おかあさん 見てミロン・・。」
「ホッホー!! 山ぶどう・・・すばらしい感じになったニャー♪ トマトも甘ーい!!」

ロビーには・・・
館主の農園から採ってきた<山ぶどう><トマト><あけび><こくわ>たちが登場デス♪

1506050743785555
大阪から初めてお越しのO様ご夫妻がロビーにいらっしゃいました。
「コレ・・・山ぶどうなんだあ?!」
「そうですヨ。 最高に美味しいから・・良かったらどうぞ!」
「いいのオー?
ウワアー 美味しい!へエーはじめて食べた♪」

1506050719557777
コノ光っているトマト・・・館主農園のトマトたち♪
「パパ なんだっけ? 書いてミデ!・・」
ニコニコです。

「最高♪」
懐かしいような・・昔のトマトの味がしっかりするンです。

1506258481956666
1506258446521111

1506166941012222
そこに・・・
登場したのが★★山菜採り名人=甲州サンが採ってきた<舞茸>♪♪

「す・ば・ら・し・い!!」
ナント重さ5キロの舞茸
舞茸って 見つけた人が踊って喜ぶから<舞茸>なんだそうです◎◎。
なるほどー♪うなずけちゃう!
「す・ば・ら・し・い香り♪」

IMG_9770000

IMG_9769999
あまりに見事なので、ロビーフロントに飾り・・・皆さんにコノ<香り>をお楽しみいただきました。
そして・・・
「<舞茸ごはん>しまーす!!」
「ヒデちゃん うる米1.2升 もち米5合 といでケロん!」
「はいよ!」

1506261605603333
いきなり★<舞茸ごはんレシピ>
1.といだ米(うる米1.2升+もち米5合)を混ぜ、ひたひたの水につけておきます。(半日ほど)
2.たっぷりの舞茸を根本まできれいに洗って
根本までしっかり使うようにします。
3.お出汁をとって
きれいに洗った舞茸を程よい大きさに割き、調理酒 薄口しょうゆ で煮ます。
4.2をそのまま冷まし、ざるに汁を切ります。
5.といだ米の水をきり、4を加えます。その上にだし昆布をのせ 炊飯窯で炊きます。
6.炊きあがった状態で、蒸らす際に 3で煮た舞茸を加えます。
7.よく蒸れたところを確認してから 一気に混ぜ合わせます。
8.味をみながら、好みで塩を少々混ぜ調整します。
9.完成 器に盛りつけます。

*山の天然舞茸は香りと食感がすばらしいので、他の具材は加えない方が良いようです。

1506261596564444
ジャーン!!!
完成◎◎◎1506259342226666
スタッフのみんなに・・・お裾分けデス!

「サトウさん お彼岸だから・・良かったらお母さんたちに供えて!」
「ありがとうございます。」

「はーい・・・ミナミちゃん&奥山クン!」
「エッ・・うれしいデス♪」★満面の笑みは新人みなみチャン♪
「ごちそうになります!」★3人のお子さんのパパ=スタッフ奥山クンも(^^♪

1506259700305555
こちらは<とび茸の米粉揚げ>
美味しいンだニャー♪
IMG_9764444
こちらは 山菜みずの実
お漬物に最高デス♪
1506050788820000
こちらは<いちじく>
佐藤チーフのいちじく煮・・・最高デス♪
itijiku0111
さあ 暑さ寒さも彼岸まで・・の今
いよいよ 田んぼは輝くような黄金色!!
稲刈りも始まってきました。

tanbo02222
秋色の風の中・・・
見て楽しい 嗅いでうれしい 食べてハッピー◎◎◎な
まさに<五感>にうれしいコノ秋を・・・ぜひお楽しみ下さい♪♪

「さあ みんなー 行くわよー!」
「ハイーっす!!」
1506051261648888

秋スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

それっ★美味しい夏に乾杯♪・・の巻

画像22222

「雨にならなくて・・いがっだヤアー♪」
(通訳:雨にならなくて・・本当に良かったではありませんこと♪)
「ンですね!」
(通訳:そうですね!!)

「じゃ 修さん・・よろしくお願いしまーす!」
「はい!」
「行ってらっしゃーい! 楽しんできてくださいネ。」

8/5(土)夕方5:30
優しいドライバー=修さんの運転で・・・
今年はお泊りの半数17名のお客様を乗せて、四ケ村棚田<ほたる火コンサート>に出発デス。

その間
広間では 6:30スタートの方々の会場セットにどんでん返しも順調に整い・・・
いつもとは違う 2回転の夜となりました。
・・・・・・・・・
・・・・・・
午後8:30
「ただいまー!・・・とっても 良かったワアー♪」
「良かったデス♪」

「そうそう・・・今から間に合うかしら?!」
「大丈夫ですよー!」

そうです。
只今 肘折温泉街では 東北芸工大プロジェクト<ひじおりの灯>が開催中♪
夕涼みに お散歩される方も多くいらっしゃいます。

IMG_9209[1]

160811_hijiorinohi_063-700x467[1]
そして・・・
夏の温泉街で日中には<ゆらり・ひじおりクイズ>がお楽しみいただけます!
「当たるかしらー?!」
と 皆さん楽しんでいらっしゃいます。
画像33333

夏のイベントをワクワクしている間に・・・
8/7・・・暦の上では<立秋>を向かえ

メニューの打ち合わせで 厨房に走る私。
「サトーさん・・・今日<立秋>=もう<残暑>だジャー∴」
「ンですか。」
「美味しい<夏>!おもいっきり楽しんでもらいたいナアー!」
「ンですね。
福耳もいいし、だだちゃ豆もそろそろ・・とび茸もそろそろ・・・ですから。」
「よろしくお願いします!」

というコトで
8月7日のメニューは こちら・・・

グルメ01111

 

いろり011111

では
夏のメニューから 一部をご紹介いたします。

こちらは<枝豆のすり流し>
濃厚な枝豆の風味&白玉のつるり感★佐藤チーフのやさしい味付けで・・・お楽しみ下さい。
大好評メニューデス!IMG_863222
夏のきのこ=<とび茸>がいよいよ朝市に登場しました!
こちらは <とび茸の米粉揚げ>・・・甘辛く下味をつけて 米粉でカラッと揚げます。
例年・・お盆の時期からお出ししている一品★最高デス♪IMG_861888
こちらは大きなししとう=<福みみ> と言います。
普通のししとうと比べると・・こんな感じ
デッカ!!1502459226002222

この<福みみ>を・・・炭火で焼いていただきます。
夏ならでは 今ならではの食材◎
たまーに辛いものに当たる場合もありますが・・・美味しいンです♪sisitou01
そして 夏といえば<鮎>
塩焼きにレモンを添えて・・・
こちらも 炭火で熱々をどうぞ♪00007777
こちらは この夏デビューのメニュー<夏の松風>
試食のときに・・
「どうですか?」
「・・・サトーさん コレ美味しい!ナーイス!!」IMG_9675555
こちらは 大蔵村産<ほんもろこの酢漬け>IMG_9700000

こちらは 定番★最上産<馬刺し>
スタッフ奥山クンに 時々 端っこをお裾分け・・・
「ありがとうございます!!
俺 これさえあれば・・夏を乗りきれます。」
と・・
春にも 秋にも言ってますケド〇△□

basasi0666

ryouri007777

そして・・そして・・夏は<肉>!!
今日も 柴田牛肉店さんから・・・すばらしいお肉が届きました!!!

こちらは<特選山形牛ロースのほう葉焼き>
とろけるような旨みが・・・もう堪りません♪♪単品31111
すばらしい色味◎◎ 旨み◎◎
特選山形牛・・・ブラボーな美味しさ♪♪015555

こちらは <特選庄内豚>のしゃぶしゃぶ
豚肉ってこんなに美味しいンデス♪0188888
そして
脇を〆るのは エヘヘ・・・<手製漬物>
こちらは 女将手製<なす漬&きゅうりのにんにく漬>デス!IMG_0723333

大きな大きな<梅干し>★夏には最高です♪
IMG_0725555
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
夏のワックワク&ブラボーな食材に囲まれたある日・・・
エヘヘ∴∴出会ってしまったのデスねえー∴アラフイー私。

ある方からプレゼントいただいたボトル焼酎を一口・・・
「なに・・なに・・コレ!!
美味しいイー♪♪ すばらしい香ばしい麦の香り! 麦焼酎ってこんなに美味しいンだあー!!」

その後・・・
あまりの美味しさに取り寄せたのは大分焼酎<兼八>!

IMG_3987777

「奥山クン 千賀チャン・・・麦焼酎 始めます!」

米、芋の焼酎はドリンクメニューにあったものの、麦の焼酎はなぜかなかった元河原湯。
ちょうど メニュー更新を考えていた矢先のこの出会い♪

出会いって大事!!

立秋の声を聴いた途端 なんだかとっても<暑さ>が愛おしくなるような私。
さあ「暑いナアー」の夏も折り返しのとき・・・
残暑をわっくわく美味しくお楽しみ下さい♪♪

「みんなー 行くわよー!!」
「オー!!」

夏スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

風薫る皐月★美味しい春に乾杯♪♪・・・の巻

1495321001792222
「そろそろ・・・<ふき>の額に替えまーす!」

そうです!
うっとりするような萌黄色から・・・
輝くような新緑にみごとにチェンジした5月中旬。

1495188594163333
館内は・・・
大好きな浅草ふじ屋さんの<ふき>の手ぬぐいが登場デス♪
そして・・・
「お母さん・・・採ってきた。」
「うわあーい! すごいジャン パパ!」
抱えきれないほどの山の木々が到着デス。
館主お得意の<山の木々>
ほうの木 ミズキ 栃の木 山つつじ ナドなどがいよいよ登場のトキなのであります♪♪

こちらは<ほうの木>
そうです! アノ<ほう葉焼き>に使用するのがこの葉っぱ デス。
こんなに大きいンデス!!

14956091294366666
囲炉裏処前廊下の定位置に飾ります!

14956090855666666

緑いっぱいの中・・・・
「サトーさん・・・ 新メニュー よろしくお願いします!」
と いつものように季節の変わりめに難題をもちかけるアラフイー女将=私。

「ハイ・・・やってみますネ。」
と試作をくりかえしてもらい
新登場がこちら・・・
佐藤チーフ特製★<新じゃがのすり流し>デス!!

IMG_93533333
「美味しいワあー♪」
と・・・登場以来 皆様に大好評いただいております♪

佐藤チーフらしい とても優しい味付け◎◎
中には
煎った<そばの実>をちらし&カリッと揚げた<そば揚げ>でアクセントにした一品。
クリーミーな味とそばがベストマッチングです♪
ひんやり冷やしてお召し上がりいただきます。

「サトーさん サトーさん・・・皆さんとっても喜んでいらっしゃいましたヨ!」
「ありがとうございます!!」

IMG_93699999
もちろん 旬山菜はバッチリ!
早出の山菜<ぼうな><こごみ>の時期は過ぎ・・・

1495847355260000

いよいよ <わらび>の時期を迎えました♪

こちらは <わらびの一本漬け>IMG_7781111
山の達人<オカベさん>が採ってくるわらびは・・・もう最高デス!

こちらは <わらびのお浸し>IMG_77099999
こちらは <うどと山形牛の煎りもの>
甘辛く味付けが◎◎♪IMG_77199999
こちらは <あいこの味噌焼き>
お酒に合います♪IMG_7749999
こちらは <もぎりみず汁>
じゃがいもとくじら肉とのコラボが堪りません♪
IMG_77966666
「サトーさん・・・みず汁って何回食べても飽きないよニャー♪」
「んデス!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
そして そして・・・
こちらは お馴染み アラフイー女将手製<漬物>たちデス!

「サトーさん・・・ごはんってすごくナイですか?!!」
「エエ・・・んデス。」

1495805928341111
だってだって・・・
残ったごはんにお塩を混ぜて お野菜や山菜を一晩入れておくだけで
パリパリ&きれいな<漬物>になっちゃうんです♪
1495805958916666
だし昆布や唐辛子を混ぜれば なお◎◎!

ごはんから出して サッと洗えばこんな感じに♪
「きれい!」
1495805968016666
こちらを少し細かく切って しその実&大葉&みょうが を刻んで混ぜると
こんな感じに♪1495805989536666
お次は・・・
エヘヘ アラフイー女将お得意の<からし漬け>デス。
「サトーさん 私・・漬物屋になっがナ?!」
「ハイハイ・・・・上手ダガラ(笑)」
「次に<からし漬>するときはキチンと計ってみるッチャ!」
「んですね。」

そうなんです。
お漬物はほとんど 目分量&手加減 な私なのでした∴∴
=まさに年の功ダナ∴∴

ということで・・・
キチンと計ってみました。
ここで いきなり「きゅうりのからし漬」レシピ デス

◆材料
・きゅうり4キロ  ・塩150グラム  ・からし150グラム  ・砂糖320グラム

1.きゅうり4キロを計り、きれいに洗う。
2.塩、からし、砂糖をそれぞれ計っておく。
3.大きめの鍋にお湯を沸かしておく。

14958058789300000
4.洗ったきゅうりを3に静かに入れる。

1495805885706666
5.お湯にくぐしたきゅうりを大きめのボールにあける。
*お湯にくぐすことで からし砂糖が混ぜやすくなるようです。
*注意:あまりにお湯の中に置きすぎると 色が悪くなるので・・加減をみてお湯からあげる。

1495805892096666
6.計量した塩を入れ、きゅうりによく混ぜる。
7.計量したからしを入れ、よく混ぜる。
8.計量した砂糖を入れ、よく混ぜる。

1495805913544444
9.再度よく混ぜ合わせ、しっかり重しをし 一晩おく。
tukemono01111
10.一晩おき、もう一度かき混ぜる。

14958645163755555
11.保存容器にあけ、軽く重しをする。
*からし漬けは3~4日は日持ちします。
1495864522852222
12.完成デス!
1495864529302222
「さあ 明日のお漬物はなんにしようかなあ?!」

さあ ますます楽しくなっちゃう<美味しい春>をぜひ!ぜひ!!

春スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

香りの季節がやってきた★青空とタムシバと姫りんご♪・・の巻

IMG_3729999
「ホッホー♪ パパ・・パパ 咲いた咲いた♪・・・・」
「んだな。」
「なんだっけ?名前・・なんだっけ??」
「タムシバ」
「そうそう <タムシバ>」
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
館主が山から採ってきてくれた<タムシバ>が咲いた5月のある日。
「パパ なんだっけ?」
「タ・ム・シ・バ」
「なんかい聞いても忘れるニャー▽△ どうも覚えにくい名前ダ▽」
と 名前のせいにしているアラフイー私∴。
その都度
何度も答えてくれる我らが館主◎なのであります。
サンキュ!

IMG_3727777
「ただいまあー。」
「お帰りなさい!」
「アラあー 咲いたわね!」
山形からお越しのお得意様フサエさんが、お散歩から戻っていらっしゃいました。
「フサエさん・・・この香り嗅いでみて!」
「アラ!」
「ネッ!なんとも爽やかなこの香り ですベー♪
・・・・この香り 私大好きなんですウー!!」
「ウン ウン いい香りだわあー♪」

IMG_3728888
こぶしの花にとてもよく似ている<タムシバ>
あーあー この爽やかななんともいえない香りが このブログで伝えられないもどかしさ∴∴
機会がありましたら
ぜひぜひ<タムシバ>の香りを皆さんに体験していただきたく♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
「タムシバ・・タムシバ・・」 と忘れないように唱えながら・・・
チェックアウトの後に 4階のお風呂に向かう私。

1495188296280000
ザップーン!!
「いいお天気ダニャー♪」

優しい肌触りのにごり湯に・・・明るい陽射しが映ります♪

1495188414116666

小松淵が見える窓に近づいてみると・・・
「!」
<姫リンゴ>の花が咲いています。

1495188374794444
ダッシュで着替えて・・・
「奥山クン 咲いてた!リンゴ!!」 とスタッフ奥山クンに報告。
「んだッスよ。」
(通訳:とっくに知ってましたよ・・・。)
「んだガシタ。」
(通訳:そうでしたか。フン▽)

IMG_3703333
「ナイースショットだあー!!」
口は悪いケド▽
写真は上手な奥山クン◎ デス。

IMG_3704444
真っ青な空の下 に輝くような<姫リンゴ>の花たち♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
勢いそのままに・・・今度は厨房にダッシュすると・・・

「ホッホー! <タラの芽>だ!」
「サトーさん・・・ 山菜グングン♪ダニャ!」
「んデス。」
IMG_750555

5/20(土)の囲炉裏グルメプラン<お品書き>は・・・

osinagaki0111

mizu02
朝市に<みず>が登場してきた今日は・・・
<もぎりみず>で〆ていただきましょう♪

1495286956173333
爽やかな五月 風薫る季節に・・・
さあ わっくわくの今だけの<極上山菜>でお楽しみ下さいませ!

春スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

ワッハッハッハ★山笑う季節がやってきた♪・・・の巻

1493473788504444「うわあーい♪・・きれい♪♪」
そうです。
こちらは 肘折の春 真っ先に摘みとる<木の芽>=あけびの芽 を茹でたもの。
見てください!! この美しい色♪♪

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
時計を30分前に戻して・・・

「ただいま・・。」
「ごくろうさまアー!!大丈夫だった?パパ」
「ウン」
「ヒャー♪ ホッホー! 木の芽ダアー♪」

1493526598203333そうです。
春はこの館主朝採りの「木の芽」=あけびの芽から始まる・・・元河原湯!
館主のこのニコニコのように・・・
一気に・・パキッと<山笑う>季節がやってきました!

館主につられてなんとなくニコニコしながら厨房に下りると・・・

「サトーさん・・・<春>来たニャ♪」
「ンです。」
「キャー 春・春って感じイー!! きれいだあー♪」
「ハイ!」1493473497015555
まだ出始めの柔らかな山菜のお浸しデス。

こちらは<あいこ>
一番クセのない山菜なので、ごま和え&煎りもの&揚物ナド
アレンジがしやすい山菜デス。
1493473555648888
こちらは・・・<しどけ>
早春の山の香り=ほどよい「きどさ」が心地よい山菜デス。
しょうがと相性抜群!お浸しでしか味わえない香り&風味をどうぞ♪
1493473565769999
こちらは・・・<ぼうな>=<くわだい>とも言います。
こちらも しどけと同じように 早い時期にしか食べられない山菜デス。
お浸しがもう最高◎◎♪1493473574027777
こちらは・・・<うるい>
お浸しはもちろん・・・いかと合わせた納豆和えも◎◎!
煎りもの&お汁など アレンジが効く山菜デス。1493473581866666
こちらは・・・<うど>
胡麻和えや山形牛との煎りものも◎◎!
にしんとの相性も良く、うどとにしんのどんころ汁は最高デス♪1493473622642222
もうピッカピカの山の幸たちに ますますニコニコしちゃいます♪

「取材 取材・・。」
仕込んだばかりの今日の焚き物は・・・

1493473632180000
わらびの信田巻

1493473641646666
孟宗竹の煮物1493473648443333
孟宗竹と山形牛の煎りもの
1493473707843333
さあ 萌黄色&若葉&山桜にグングン彩られる景色の中・・・
春山のわっくわくの美味しさを・・・ぜひお楽しみ下さいませ♪

haruyama0311111
harunoki04444

春スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

3月★ある日のまかない<山のおからいり>♪・・・の巻

IMG_3294444
「きたきた♪」
「オー!!! さっすがー! 京野さんダニャ♪♪」

3月上旬
待ちに待った新しい<ルームキー>が届きました!
29年来お世話になっている 新庄・京野工芸さんの作デス♪

「パパ パパ 早くきて・・・はやぐー・・・」
「来たよー◎ 見てみてケロン!」
何事かと 少し速足でかけつけてきた館主。
「ん いいんねガ・・。」
(通訳:とても すばらしいではないですか・・。)
ボソッと一言
=精一杯&最大級の誉め言葉 が出ました!

IMG_32911111

京野工芸さんのおかげで 気持ち良い1日のスタートとなったこの日の夜・・・
いつものように
みんなのまかないづくりを始めた私。

今夜のおかずは・・・
・おからいり
・玉こんにゃく
・酢豚        などとなりました。

さてさて
<おからいり>ってよくスーパーで売っていますが・・・
作り方 知ってますか??
若かりし頃のの私 何度か何度もの失敗▽△を重ね・・・
今では 年の功か◎◎
「オカミさんのおからいり 美味いッス!」
と 口うるさいスタッフ奥山クンにいわれるまでに成長したのであります◎◎
エヘヘ∴∴

おからいりって 案外難しいかも・・というコトで
いきなり <山のおからいり> レシピご紹介デス!

【山のおからいり】
材料 おから、とりむね肉、ごぼう、人参、舞茸、しめじ

148827908252888 148827909576666

148827910762666

◆材料の準備
1.鶏肉を食べやすい大きさに少し小さめに切る。
2.油揚げを同じように切る。
3.ごぼうはささがきまたは小口に切る。
4.人参も小口に切る。
5.しめじ、舞茸はお湯に通し、あくだしの後 程よい大きさにほぐしておく。

私の場合・・・
冷蔵庫をサッとみて、その日の残り物を確認・・使っちゃうのでした。
「サトーさん ごぼうのささがき もらいます!」
「このしめじと舞茸 いいよね。」  的な感じで。

148827912877444 148827914865777

◆調理
1.鍋にサラダ油をひき、最初に鶏肉をサッと炒めます。
2.鶏肉の色が変わり始めたら その他の材料を加えさらにサッと炒めます。
3.調理酒を加え 材料がしんなりしてきたところで・・・
濃口醤油、水、ほんだし、そこに砂糖を少々を加えます。

1488279162852222
4.落し蓋をして 汁が沸騰してきたら 人参の硬さを確認します。
5.人参が柔らかくなったら 味見をし お好みで味を調整します。
*ここがポイント!
このときに煮汁が少ないと この後 おからを加えても
ぱさぱさになったり、こげたりするので、煮汁は少々たっぷりな感じにしておきます。
6.ポイントの煮汁の量を確認したら 一度火を止めます。
7.ここに おからを一気に加え、手早く混ぜ合わせます。

1488279286735555
しっとりした感じに仕上がったらOK!
コノしっとり感がポイントです♪♪

8.混ぜ合わせた後 味見をし 甘かったらお塩などで調整します。
9.ここに お好みで小ねぎを加えると 色味がきれいになります。

1488279205704444
ジャーン <山のおからいり> 完成デス♪

<おからいり>って 冷蔵庫の残り野菜を生かせるおかずなんですウー◎◎
一度 挑戦してみてはいかがでしょうか?!

さてさて・・・次回は
女将特性★玉こんにゃく&酢豚 などを ご紹介しちゃいます!
お楽しみに!!

「みなさーん はあーい! ごはーんデス!!」
「はあい!」
「ウイーっス!いただっきまーす!」

みんながパクパク食べ始めたところ・・・
朝の支度でまだお仕事中の佐藤チーフと
「明日はー・・・
サトーさん オーブンあるんだから・・<パエリア>してみるガナー!」
「はいはい ・・かと思いましたよ。
あさり、えび、いか・・買ってましたモンね。」
「・・・」
全てお見通しの佐藤チーフ◎◎

o-bun01111
さあ 明日も女将手作り★美味しい<まかない>でパワーアップゴー♪デス!

美味しいスケッチ | コメントはありません

美味しい如月から♪・・・の巻

「サトウさん 明るい感じでいきましょうか♪」
「・・・ですね。」

というわけで・・・

 

IMG_86644444

IMG_8732222

IMG_8735555

IMG_8740000

IMG_8728888

IMG_8725555

IMG_86811111

IMG_8750000

冬スケッチ, 春スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

2017★美味しい新春に乾杯♪♪・・・の巻

IMG_3050000

「おはようございます!・・・今日は何時から始まるの?」
「8時15分から 始めます!」
「わあー 楽しみダワ♪」
29日からお泊りいただいているお得意様o様からのご期待・・に応えるべく・・・
「みなさーん 始まりますよー!!」
恒例<餅つき>イベントが 大晦日の夜8:15~始まりました!

一番最初に大事な<こね>
「トメさん どう?」
「いいべヤアー!してみっがナ!」
ナント 今年は長年パートでお世話になっている70歳代のトメさんが しっかり担当してくれました。

tomesan01111
IMG_86044444
すばらしい力強さと腰の入り方に脱帽デス!
そして
餅つき初体験の皆さんやお得様にかわるがわる突いていただき・・・
長男コウサク&スタッフ奥山クンが しばらくぶりに杵をもったのであります。

「ありがとうございました!!いい餅になりましたヨー♪」
その場で 白餅&きなこ餅の振舞い で締め・・・2016大晦日の夜は無事に更けていきました。

さてさて 私たちのいつものお年越しは・・・
広間に だんご木&大黒様&恵比須様&松に啓翁桜・・とお正月飾りを整え

IMG_3089999
恒例の館主手打ちの年越しそば=今回は<かも南蛮つけ麺>をみんなでいただき・・・
「パパ ごちそうさまー!」
「社長 美味いッス!!」
sobauti01111
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
夜10時過ぎから

「サトウさん やろっかアー。」
「はいッ・・・。」
ようやく<おせち>の最終チェックタイム・・・・デス。

<昆布巻き>はアラフイー女将の担当♪
前日12/29夜から仕込み始めた エヘヘ・・・アラフイーお得意料理◎◎デス!

「サトウさん  味みて?」
「いい・・んじゃないですか!」
「私 昆布巻き屋 になるガナ?!」
「はい はい・・。」

IMG_8596666
12/29 仕込み風景・・・
「ふざけてしてる ミダイにみえるから・・ちゃんとして下さいヨ(笑)」 と佐藤チーフ
「グフフ(笑)」

1483328784735555
いきなり<昆布巻きレシピ>

1.硬い身欠きにしん2箱に竿前昆布4袋・・・
2.ニシン2枚を昆布2枚で ぐるぐる手早く 巻いていきます。

3.大きな寸胴鍋に 巻いた昆布を入れて 水をたっぷり入れます。
調理酒、濃口醤油を適量加え 中火で煮ていきます。
*こういう長くコトコト煮るときは<だるまストーブ>が大活躍!
「コウイチ君 <だるまストーブ>もってきてナ。」
1483328832525555
4.中火で約3時間・・・コトコト煮たところで
塩梅をみて また水とお醤油をたっぷり加え またコトコトコトコト
時々 塩梅をみながら 夜まで煮ていきます。
5.火を止め ちょっとお休み
6.翌日12/31の朝から また コトコト・・・
7.そこに ようやく砂糖を適量加え 今度は弱火でコトコト煮詰めていきます。
ただただ煮詰めていきます。
火を止め 味を浸み込ませます。
8.「よし!」 塩梅をみて完成!

IMG_9260000
栗きんとん、松風、二色卵、エビのマリネ、ごま豆腐、きんかん、お雑煮その他etc・・・は、もちろん佐藤チーフ担当♪
味見タイム
「どうですか?
「美味しそうな色♪ ・・・美味しい♪♪」

1483328802315555

1483328849719999   matukasa011

1483356020893333

 

1483329007891111

そして こちらは 女将担当の<田作り>♪1483355999057777
「お母さん 硬くならないように頼むネ。」 と長男コウサクの鋭い一言∴
・・・・・
「食べてみて! 大成功!うまくできたヨ♪」 とコウサクと奥山クンも呼びます。
「本当に大丈夫ですかイ?
いつだったか・・・歯に刺さるミッダいな時あったじゃないですか?!」
と 恐る恐るのような仕草∴
「まんず失敗したときの記憶って残ってるモンだニャー▽ ふたりともー」
「オー 美味いっす!」
「ン 美味い!」
「だべー(笑)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
そして最後は
「元日の朝食<盛りつけ>の最終チェック に入ります。IMG_86211111

IMG_862666
ここに つきたて餅三種とお雑煮 で♪♪IMG_8627777
「では 今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします!」
と 佐藤チーフとあいさつ
こうして 夜11:30 に終了した2016年大晦日の厨房デス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あけましておめでとうございます!」
厨房 7時 2017年お仕事が始まりました。
9時からの元日朝食に合わせて・・・・盛りつけに大わらわ デス!
「千賀チャン 桝酒 金粉 大丈夫?」
「オッケーです!」
お正月の琴のバックミュージックが流れる中・・・・
穏やかに 笑顔溢れる朝 を迎えることができました。
食べ放題のお餅をとり終わって・・・
「みなさん お食べになってる?」
「はい 食べてらっしゃいますよー!」
ほっとする私&佐藤チーフです。
さあ みんなで乾杯!!
落ち着いたところで
いつものように館主の訓示の後 お屠蘇乾杯!
おせちを時間差ありながら スタッフ皆でいただきます。

そして 地酒のおふるまい♪♪1483355969592222
こうして パタパタしながらも
笑顔いっぱい&美味しい元日を終えることができました♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから 7日後・・・
伝統行事<さんげさんげ>を迎えIMG_30988888

七草のこの日
元河原湯では<納豆汁>を七草粥に見たてています。
「サトウさん 最高!!」
「ありがとうございます。・・・」
1483797025508888
こちらは 女将手製の<だいこんの麹漬け>
「サトウさん どう?」
「ウン いいんじゃ ないですか。」
「私 漬物屋 になるガナー?!」
「はい はい・・。」
1483797098434444

ときどきの美味しさを大切に・・・
一生懸命お伝えできるように・・・
「今年も はりきってがんばっちゃいますヨー! みんなー がんばるよー!」
「オー!」
「ハイっす!」
「ファアーイ・・。」
「返事はしっかり コウイチ君∴」
「ファアーイ!」

冬スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

とっぷりホワイトクリスマス★たっぷり美味しい冬をどうぞ♪・・の巻

1481938280753333
「行ってきます!」
12月某日 しっばらくぶりのお休みをいただき
アラフイー私 2泊3日での箱根&東京へゴー!・・・と繰り出した朝
「!」
ちょっとダケ・・・ちょっとダケ・・。
と 電車の時間をきにしながら・・・あまりに 美しい雪景色に パチリ なのでした。

「冬ってこんなンだったニャ∴ やっぱ<きれい>だワアー♪」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
「ただいまあー!」
「お風呂もらっちゃいまーす。」
都会から帰った私 真っ先にお風呂へダッシュ!
「フーッ♪ やっぱいいなあー・・・。 フーッ 落ち着くウー♪♪」
やっぱり やっぱり
山が落ち着く=山女 なのでありました。

1481467165645555

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
さてさて箱根では
岡田美術館開催中の<伊藤若冲>展が目的。
御年80歳の書道&詩吟の先生=千葉のお得意様=赤津さんとレッツゴー!
アノ箱根駅伝ルートをバスがぐんぐん上ります。
「うわあーい!! すごーい坂だネ・・赤津さん!」
「そうねえ・・ココ走るんだから 大したものだワアー!」
と わくわくルンルンしている私たち・・・
ナント 降りるバス亭をまちがえてしまい
そのすごーい坂道を自分たちが歩くことになってしまったのであります。ガーン∴∴
テクテク&テクテク・・・25分上り続けた私たち∴∴
「ごめーん 赤津さん・・・私のせいで・・・トホホ▽」
「いいわよー 歩けば着くでしょ。なんかあった方が思い出に残るもんヨ!」
と御年80歳の赤津さんに励まされてしまう始末∴∴
赤津さん 毎朝お散歩1時間していらっしゃるだけあって 足どりはかなり◎◎
「オカミさん 大丈夫?」
田舎ですぐに車に頼る生活のアラフイー私・・・焦ります▽△
間違った原因は
小涌園で降りるところを小涌谷で下りてしまったカラ・・
だって
<小涌谷>と<小涌園> 似てるんだモンなあー▽△
トホホ・・・

jakuchuu0111
まずは無事<伊藤若冲展>を観て
今度はしっかりバスに乗り・・宿に着き 夕食を終えて
いつの間にかバタンキューの二人 なのでした。

hakone0111   1481370347700

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
そんなこんなの研修期間も終わり・・・
山はいよいよ とっぷり バッチリ真っ白な雪に包まれてきました♪♪
まさに <ホワイトクリスマス>ではありませんか!!

1481369785942222
こちらは雪見のカウンター席・・・夜にはライトアップします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
そして 厨房では 冬の素材が続々登場デス!

こちらは <あん肝>IMG_8541111
「サトウさん <あん肝>・・・最高デス♪」
「ありがとうございます。」
「日本酒 キュっといきたくなる感じだニャー。」

こちらは <カニ身&しいたけのかぶら蒸し>IMG_8555555
やさしい味付けに・・・ゆずの香りと炒ったぎんなんのコラボレーションが最高◎◎デス♪

そして・・・
こちらは <冬野菜とごまの白和え>
冬の定番メニュー・・・
大根、春菊、ニンジン、干し椎茸、ゆずそしてごまの香りが心地よい1品デス♪

IMG_8531111
「ちょっとー サトウさん・・もう もう最高なんですケドオー!!」
10年来お世話になっていますわれらが<田中鮮魚店>さんから・・・
きょうもとびっきり旬の<白子>が届きました♪

もう 今夜は熱燗しかないナ♪♪IMG_7289999
こちらも定番・・・厚焼卵♪
「サトウさん・・・ちょっと 一口 いいですか?」
「どうぞ・・。」
試食 と称しての 食いしん坊女将バリバリ∴
「やっぱり 美味しいんだよニャー♪♪」
甘いだけじゃない・・・とても優しい風味なのデス!

IMG_7148888

こちらは・・・
囲炉裏での<焼き餅>・・・12月にいよいよ登場♪
炭火で焼くと 美味しさ倍増!!
0366666
砂糖しょうゆで・・・または海苔を巻いて磯辺風に・・・

IMG_3121111
エヘヘ∴
キュっと熱燗に合うことまちがいなしの冬メニュー続々・・・◎◎◎

おかげさまで アラフイー私・・・研修の筋肉痛もほぼほぼ治り いよいよクリスマス&年末準備へスイッチオン!

さあ
今夜もばっちり美味しい★山のホワイトクリスマスをお楽しみ下さいませ!!

冬スケッチ, 美味しいスケッチ | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る