女将ブログ

日本秘湯を守る会

  • HOME
  • 女将ブログ

政五郎こけし雛と館主★冬と春の間に・・・♪


masagorou0111111

IMG_6894444

「パパ パパ・・・やっぱ いいお顔だよネー♪ 私大好きだな!」
「んだが・・。」
(通訳:そうですか。)

お雛様の季節に 桐箱から出された<政五郎こけし雛>
横山政五郎が挽いたこけし。昭和33年頃に作ったそうです。

その孫にあたる政志が館主。
もしかしたら このこけしのモデルは館主=パパ だったりして?!

孫の政志さんは御歳67歳をむかえ・・・ますます絶好調の様子♪

「行ってくる。」
と 週に一度の 山形篠田病院でのリハビリお出かけデス。

「お母さんも一度 リハビリ見た方がいいな。」
「わかった!!」
というわけで 取材にお邪魔した次第。

片道90分の道のりをなんとか間に合った私。

「ホッホー!! すごーいマシンだネー!」
「パパ 何分漕ぐんですか?」
「10分。」
「エッエー! なかなかハード じゃない?!」
「んだ。」
「私でも きついよ きっと・・∴」

1486981518889999
ちょっと 褒められた館主・・・・ニコニコです。
担当療法士の柏倉さんと初対面。
イケメン男子なのです♪
「お世話になります。・・・ありがとうございます!」

「柏倉さんがいいガラ・・。」
滅多に人を誉めない館主からのこの言葉。
すごーい!!

1486981493324444
「ヨコヤマさん 一所懸命だから グングン良くなっていますよー。」
体幹が整ってきて 身体のバランスが良くなった とのコト!

「パパ すごーい!」

1486981507181111
次に・・・・
この日は 入ったばかりの最新式の器具で左腕のリハビリ とのコト。
「ホッホー!!」
ロボットみたい♪1488288042651111

rihabiri01111
ちょっと思うように動かせない<左手>ですが・・・かなーり良くなっています!!

1488288174318888

2度目の脳梗塞から12年が経ち・・・
まあ いろんなコトがあったけど にこにこリハビリできてる今がすごいデス。

さらに・・・
館主の筆字はすばらしい◎◎だし・・・

mansaku03

館主の打つ<そば>は絶品◎◎だし・・・

sobauti011

papa101111

papa100000
おふろが嫌いなトコロや着替えを嫌がるトコロもあり▽△・・・
いきなり 無茶するトコロもあるけど
政五郎さんも きっと少しは誉めてくれているかも・・・デス♪

「パパ パパ・・
左手がもう少し動くようになるまで・・さあカウントダウン だニャ。」
「んだ!・・・もう少しだ。」

さあ 3月春スタート!!
この春もはりきる熟年カップルなのでありました。

リハビリのコト, 冬スケッチ | コメントはありません

ハンドパワー★手のはなし3話○△□♪・・・の巻

◆「手の話」その1

「お母さん また手に出てるワアー▽」
「なに?・・どれ??・アラあー なんだコリャ∴∴ひどいニャー▽」
大晦日に休みにとって東京から帰省した銀行マン長男・耕作。
なんでも 疲れると手がガッサガサになってしまうとか▽▽

「都会って大変だニャー▽△」
「まあっネー∴∴」

1451717312457777
ずいぶん ひどい状態のようです。
「まず 下のお風呂に入ってみたら?!」
「ウン」

1451717255064444

翌日
「あけましておめでとうございます!」の元日。
「お母さん 見てみて・・・治ってきた◎◎」
「うわあー♪ やっぱり 源泉力だニャー 耕作!!」
「ウン 全然かゆくもないしー すごいニャ♪」

1451717243752222
そして もう東京に戻る1/3朝のコト・・・
「お母さん ちょっと すごいゼ!!」
「うわあーい すっかり きれいジャン!」
「ンダ」
帰省するとすぐにご当地言葉=方言全開になる耕作∴

「いがったニャー♪」
「ンダ・・すごいな やっぱり元河原湯だニャ!」
(通訳:ええー すっかり治ってよかったですよ。やっぱり元河原湯源泉はすばらしいものなのですネー!)

kousaku0888
元気なハンドになって◎◎ 東京へゴー!の耕作です。
「がんばれ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
◆「手の話」その2

te01111
「ちょっと 奥山クンの手 写真撮らせて・・。」
「ハイっす!」
「(ゲラゲラ)・・やっぱ やっぱ小さい・・よニャー・・(ゲラゲラ)」
「ンダんすよ∴ ひと関節足りないンスヨ・・。」

「パパと比べてみて!」

te0222
確かに・・・ひと関節足りない短さ!

1453810396707777
左:奥山クンの手   右:館主の手  あきらかに違うなあ∴∴ (ゲラゲラ)

te01111     145065968759777

私と比べても・・・ 次男泰平と比べても・・・ やっぱり (ゲラゲラ)
「タケダさん 奥山クンと手・・合わせてミテ!」
「?」

1454032716127777
「まさか・・・・タケダさんよりは大きいデスベー∴」
とちょっとドキドキしながら手を合わせるふたり
・・・大きくてホッとしたような感じデス。

DSCF0323333
この小さな手で なかなか器用になんでもこなしてしまう◎3児のパパ=奥山クン

「がんばれ パパ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆手の話その3

「お母さん 見てミロン。」
「・・・・!!パパ すごーい♪♪」

papa01111
papa02222
実は・・・
館主=パパは 10年前の2回めの脳梗塞で 左腕がほとんど動かない状態になっていました。
昨年4月のコト
私の父が入院していた際にお見舞いに訪れた山形市にある<篠田病院>。
そこで、偶然リハビリに大変一生懸命取り組んでいる先生方&スタッフの皆さんに出会うことができました。
なかなか 館主のような状態に取り組んでくれるリハビリ施設がずーっと見つからず
なんとなくあきらめかけていたときの<運命的なマッチング>でした。

それから 毎週リハビリに通ううちに
ほとんど 上げられなかった左腕が上げられるようになり・・・
指も 少しずつ広げられるようになってきたのです!!

「親指が難しいんだナアー。 もうちょっとだべ。」
と館主。
papa03333
papa10000
000_0273333

papa101111
今は右腕一本のそば打ちも もしかしたら いや もうちょっとで
パあーっと両手で打つ<江戸打ち>になるかも・・デス!

さあ 耕作&スタッフ奥山クン&館主★それぞれのハンドパワー
今年は どんな風になっていくのか?!どんなドラマが待っているのか?!
楽しみ 楽しみ♪♪ 応援しますヨー!!

アラフイーのつぶやき, リハビリのコト, 源泉力をどうぞ | コメントはありません

涙のあとの復活★山形じいちゃん♪・・・の巻

1431265430684444
ラジオ聞いてる患者さん いるんだあー
元気な患者さんでいいなあー
・・・・・・・
しばらくぶりにやっと父の見舞いに行けた5月8日のこと

「おはよう ジイちゃん!」
「!オハヨ!!」
「エッ ラジオ聞いてたの じいちゃん??」
「ソッー なの。」

1431265416684444

・・・・・・・・
実家の父は 心不全に加えて入院中に脳梗塞を起こし、たいへん危険な状態になったのは昨年11月のこと
先生の説明を受けながら
「もう無理か」 と皆で何度 涙を流したことでしょう。
それから 半年・・・・
状態が落ち着いてきた1月から<篠田病院>にお世話になっていました。
食事は摂れず
今も鼻からの経管栄養だけ、自分ではほとんど動けません。
状態は
ペースメーカーのため・・・身体障害者手帳<1級>
さらに 2月に認定された介護度は<5>

「介護度<5>って滅多にいませんよ・・・今」 とのコト

そんな中、会う度に覚悟してきた私 なのでした。
が・・・

「エ エッ エー! 元気なときの顔だよ。 ジイちゃん♪ すごーい!
介護とリハビリのおかげダネー ありがたいネー ジイちゃん♪」
「ハイ ソウッ アリガチネー」

びっくりするほど ちゃんと受け答え
とても顔色が良く しゃべる言葉がずいぶんはっきりしています。

「!!! ?? じいちゃん すごい すごすぎー」

まさか こんなに元気な顔に会えるとは夢にも思っていなかったもので・・・
びっくりマークの連続となりました。

「ジイちゃん 皆にメッセージ お願いします。」
「ハイ」
「!」
スマホ動画に出番デス。
「ミンナ ゲンキ?
おかげさまで こんなに元気になりました。 みんなもがんばってね。 バンザイ」

「す すごーい!!! すご過ぎだあー ジイちゃん!」
ゆっくりだけれど しっかりわかる言葉

次男泰平と
「あの時はずいぶん泣いちゃったよねー△ アノ涙 返してって感じだね(笑)」
「ホント ホント 泣いたっけねー」

今日はうれし涙 だね♪♪

143126549908444

車いすに乗ってのリハビリも見学させてもらいました。
途中、看護士さんたちを笑わせたり・・・・
「松沢さん 楽しいネー」

いっつも 周りを楽しませるのが大好きなジイちゃん <復活>じゃありませんか。

経管栄養&ペースメーカー&脳梗塞 だけど
こうして会話ができることがすばらしいデス。 有難いデス。

篠田病院のみなさん ありがとうございます。

うれしいうれしい・・・感謝&感謝の5月の始まりなのでした。

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

そして ナント今 われらが館主
<篠田病院>にリハビリ通院中 デス。

papa01
2度目の脳梗塞で倒れたのが10年前のの5月17日深夜
毎年5月になると その時のことがよぎるのでした。
あれから早10年
現在も左腕だけが思うように動かせない状態 ではありますが・・・
片手で何でもしちゃいます。
そば打ち&畑&書・・・今年はなんとスキーも復活しちゃいました。

papa100

 

aki51111111

harunome0777

IMG_003555
そして 今年の5月は
ジイちゃんがお世話になったご縁からのリハビリ・・・に再度チャレンジ!
おかげさまで
左肩と腕の筋肉がとっても柔らかくなっています。

本当に 不思議なご縁 デス♪

うれしい春のスタートから1ヶ月・・・
お天気に恵まれた5月から いよいよ6月へゴー

この10年で、ずいぶん社会的に介護環境が整備されてきたのを実感する私。
10年前 館主のお父さんが認知症になったときは、まだまだたいへんな状況▽△だったものですから。

有難い介護環境の中・・・
ふたりとも 「あわてないで・・・がんばろうね♪」

アラフイーのつぶやき, リハビリのコト | コメントはありません

ふたりバランス∴サクラサク季節へ★館主の一句・・・の巻

IMG_9770000
IMG_9778888
IMG_9790000
3/21(土)午後7:15~
ヒュー バーン
ヒュー バン バーン ボーン
「あっ 始まった!」
おおくら雪ものがたりイベント 晴天の夜に<打上げ花火>が勢いよく始まりました♪

花火の打上げ前には・・・
おなじみ★甘酒&こんにゃくの振る舞いと
今年は初めて 大きな雪だるまに投影しての<プロジェクションマッピング>も催され
いつも以上に 大変盛りあがった夜となりました。

元河原湯は 雪だるま会場まで徒歩2分と近く◎◎
花火の音がなかなかの迫力で聞こえちゃいます♪
そして エヘヘ・・ラッキーなことに囲炉裏処からも 花火がみることができちゃいます♪♪

写真はカメラマン奥山クン
「行ってきます!」 とてもはりきって屋上から撮影してくれました。

この<おおくら雪ものがたり>イベントが終わると
いよいよ いよいよ<山の春>がぐんぐん近づいてきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sakura0666
「おかあさん ・・・でぎだ!」

照れくさそうに・・・
ニコニコの笑顔で事務室に入ってきたのは館主デス。
「・・・」
春の一句♪

「んー いいんネエー♪ 上手だあ さすがだあ パパ!!」

最近の館主・・・65歳となって かなーりはりきっている感じがします。
というのも
2度めの脳梗塞から8年
海外にも何度もスキーツアーに行ったり、技術員だったり・・
とにかくスキー三昧だった館主が すっかりスキーから遠ざかってきた日々でした。
ナントこの冬 赤倉スキー場で履けるスキー靴をアラフイー私がみつけてから
「お母さん 履けた。」
次男・泰平のアシストもあり・・・8年ぶりに ゲレンデで滑れるようになって
「お母さん 乗れた。」

IMG_0035555

suki-0111
若いときのパパみたーい♪

IMG_0031111

「むかしを忘れて プルークボーゲンでゆっくり始めてみるガラ。」

転ぶと起きられなくなるんじゃないか・・
リフトからスムーズに下りられるかな・・ と心配=左のストックが持てないので をはねのけて
8年ぶりの挑戦です!

さすがに 昔とったキネヅカ
「父さん あっという間にでリフトも乗ってたし 全然大丈夫だったよ。」
「知り合いと会えて うれしそうだったよ。」
「ロッジの餅 美味かったよ ねえ父さん。」 とアシスト泰平クンの報告◎◎

「パパ 良かったニャー♪」
「ん」

しかも 秋から体重コントロール成功し 6キロ減量に成功している館主。
その6キロ・・・・
ナント そのまま アラフイー私にすっかり移行しているではありませんか△△ 6キロ

daietto02

ナント 仲がいいのか どういうこと??
いつも思うのですが
27年も一緒にいると・・・なんだか二人の総体が決まっていて
片方が調子良すぎると 片方がイマイチ みたいな不思議があるような気がします。

そんなこんななコノ春
「あったかいニャー♪」
湯ノ台高原の雪壁の沢には チラホラふきのとうが見えはじめました。

「パパ パパ 私もスキー行く!」
「わがっだガラ」
ニヤニヤの館主です。

fuki04
fuki01

リハビリのコト, 館主の一句 | コメントはありません

祝★国宝【縄文の女神】&館主のやきもち∴・・・の巻

「縄文の女神が 本日<国宝>に認定されました!」
なにげなくテレビから聞こえてきたニュース・・。
「!!」
7月の16時間の充電時間に・・・
次男と鑑賞したアノ<縄文の女神>がついに正式に<国宝>になったとのコトです。
ブログアーカイブはこちら

なんか素直にうれしいデス♪


実は・・・
鑑賞した興奮◎が冷めやらぬ8月はじめに
ドキドキしながら 博物館にTEL。
職員の皆様には大変親切に対応いただき・・その後、画像の掲載許可をいただきました。
晴れてご紹介できるぞ!と張りきっていたところの
ビッグニュース・・なのでした!!

    
           
(上記紹介の写真は山形県立博物館より掲載許可を得ています。無断掲載は固くお断りいたしますのでご了承下さい。)

春以降 舟形町から出土した土偶が国宝になるらしい・・というニュースが発表されてから
「あっここにも」「あっここにも・・」とういう感じで
国道沿いの看板がかなーり大きくなったり
大きな土偶のレプリカが登場したり
公報パンフレットでよくみかけたり・・・と県内は大変盛り上っています。
・・・・・・・
そんな中・・・ひとり この女神を観て羨望の眼差しをもつ人がいました。
それは私の主人=館主デス。
1年半ぶりの瓦版を執筆していたのは知っていたのですが・・
その推稿のタイトルをみて ハッとしてしまいました。
「リハビリ苦海  元に戻れた女神が羨ましい」
そっか そうだよな

  何度かご紹介したように
  実は館主は2度の脳梗塞から現在左腕~左手に麻痺があります。
  今 歩行にもほとんど支障なく、またそばを毎日打てるようになったことにも
  直後の状態を考えれば奇跡とも思いながら・・・先生方や支えていただいた皆さんへの感謝の気持ちももちろんありながらも・・・
  やはり 
  スキーができなくなったり、議員を引退せざるをえなかったり、畑での収穫も片手で大変だったり、ボタンがひとりでできなかったり・・
  賭けたリハビリ治療で今までなかなか成果がでなかったり、岩手の某病院ではとても
  とても悔しい想いをしたり・・・と悔しいコトはたーくさんあったもので・・。

 今回の瓦版にはそうした館主の思いが初めて吐き出されているようで、ガツンとやられた感じです。
 そして改めて
 63歳&50歳の私たちコンビの向かう先を再確認したような気持ちになりました。

 館主瓦版はこちらへ  
 「元に戻れた女神が羨ましい」は5ページ目~です。
 ぜひご一読下さい。

 さてと・・・
 「パパ ボツリヌス療法の予約 電話したンダベカ?」
 「・・・まだ。 ・・・してください。」
 「なんか 変なトコ弱気なんだよなあー▽」
 「・・・」(叱られた子どもみたいな顔でじっとしています)

 今トマト栽培でお世話になっている滝沢さん。
 実は主人と同じ脳梗塞で倒れた後、懸命に自分で工夫しながら1日8時間もリハビリしたとうかがいました。

はじめは歩くのも覚束なかったそうですが・・今では全く麻痺もなく、毎日農作業に取りくめています。
すごいなあ!!

「アノサアー 滝沢さんみたいにがんばるべー」
「・・・・」
「注射だけでは治らないのヨ。 その後のリハビリにかかってるの。・・・わがった?!」
「・・・・ウン」
(小さくうなずき、頭をかきながらスーッと退場です。)

どうも 普通に懸命にがんばっちゃう・・みたいなコトが苦手のようで
なんか 妙なところが弱気になるところが笑っちゃうんだなあ○Δ□

まずはここをどうにかユニークな方法で転換することからダナ。
女神に嫉妬する気持ちが・・さあ どう展開していくのか
日々進歩する医療の世界を信じて 川平法 ボツリヌス療法
きっと この女神を観る度にこの気持ちを思い出せるような気がします。
まだまだ あきらめないぞおー!いっちょ やってみます!!
 
「パパ まずは朝の早歩き散歩 いいんネガ?!」

リハビリのコト | コメントはありません

館主の左腕&Progress・・・の巻

「ほっちゃん 今すぐNHK見れる?」
  9月某日
 秋晴れの朝8時過ぎのこと・・
 山形に住む従妹ハルちゃんからケータイに着信。
 (注釈:ほっちゃん=女将の名前「秀穂」のほ
      →幼い頃から「ほっちゃん」なのでした。)
  珍しいコト
  「おはよう ハルちゃん! なにや?」
  「なんだがよー 脳梗塞のリハビリですごいリハビリしてる!!
   すぐ早くテレビ見でみで」

  「えーっ んでも 私すぐ今出がげらんなねがら 録画してケロ ハルちゃん!」
  「ウーン 録画でぎっがわかんねげど してみっば!」
私生まれも育ちも山形市内なもので・・山形の人としゃべるとみごとにスグ 
生粋の山形弁と独特のイントネーションに切り替わります。
・・・・
通訳&要約すると
≫今NHKで脳梗塞リハビリのすばらしい方法=川平式リハビリを紹介しているからすぐに見てみたらどうですか?
≫みたいけれど・・・今出張で出かけるところなので、録画してくれませんか?
≫録画方法がよくわからないけれど、何とかしてみますよ。
・・・・・・・・・・
テレビの内容は
<脳が蘇る~脳卒中・リハビリ革命~>
「4年間リハビリを頑張ってきても動かなかった指が、わずか10分の訓練で動き始めた」。今、脳卒中の治療で新たなリハビリが次々に開発され、驚異的な効果を上げている。約280万人にのぼる脳卒中患者、医療の発達で命を落とすケースは減ったものの、マヒの問題は深刻で、介護が必要になる原因の第一位だ。解決にはリハビリが重要だが、発症後6ヶ月を超えたあたりから効果が落ちるとされてきた。しかし最近、脳科学の急速な発達により、傷ついた脳が再生するメカニズムが次第に明らかになり、時間を経過した患者でも、マヒを改善する手法が発見されている。リハビリの効果を上げる誰でも出来る意外な方法や、脳波とマシンを連動させる最新科学まで、脳卒中リハビリの最前線で起きている急激な変化を取材、人間の脳に秘められた驚きのパワーに迫る。キャスターは、これまでもNHKスペシャルで脳卒中リハビリを取材してきた、藤田太寅さん(自らも脳卒中を経験、今もリハビリを続けている)。
・・・・・・・・・・・・・・・・
ということでした。 

 実は当館館主=私の主人は7年前そして4年前の2度の脳梗塞で、左腕にマヒがあり自由が利かない状態です。

2度目の脳梗塞発症から180日の間は、様々なケアに守られて
治る気一心でリハビリできたけれど・・

その後はなかなか思うようなリハビリ施設もなく
一昨年は 秋田角館病院での最先端治療に望み、またまた挫折▽▽
ブログアーカイブはこちら
それからは 残された機能を最大限に生かすしかないのダナ・・と
また以前のように<自由に動かせるようになる>ことをあきらめていました。

<動くかもしれない★館主の左腕>
もしかしたら 治るかもしれない!!!!!!
2年ぶりにスイッチがフッと切り替わったハルちゃんからのTELなのでした♪

偶然にも
出張の車の中で この前なにげなく買ったCD スガシカオ を聴いていると
  テレビで何度か耳にした
    ♯あと一歩だけ 前に 進もう♯
   「フーン なんかいい詩ダナ」
  その曲はProgress(piano ver.)というタイトル
  Progressって?
  =進歩、発展、前進 とか
  気に入るととことん聴いちゃう私。
  その中に・・・
 ♯ねえ ぼくらがユメ見たのって 誰かと同じ色の未来じゃない
 誰も知らない世界へ向かっていく勇気を ”ミライ”っていうらしい ♯
 
♯君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ あと一歩だけ、 前に進もう ♯

ホントだなアー 挫折の連続だもんなあ イロイロ・・・なんだかウルウルする。
・・・・・・・・・・・・・・・・
出張から戻って 早速館主のむくんだ左手を擦りながら
  ho「ちょっと ねあーパパ 生きてるといろんないいコトあるねー きっと治るナ」
        「治ったら みーんなに20倍孝行してもらうっチャ わがった?!」
館主「わがっだ」
私のこの盛り上った高揚感を他人事のように傍観している雰囲気の館主。
まっいいや
もう勝手に<治る気満々!>の私。
行動力だけはおまかせの私・・早速<川平式リハビリ>の情報収集と相成りました!

動くようになったら 欽ちゃんに報告しなくっちゃ・・・
(注釈:TV番組<旅のかおり>で来館→「治ります」欽ちゃんに誓った館主)
来年の9/30には動いてるかなあー ワクワク♪ 
「やるぞー!」
夢中で夜中に情報収集している私をみて
館主「はやぐ 寝ろハ」
(通訳:いい加減にして早く寝なさいよ 朝起きられないんだから▽)
まっいいや

さあ 明日から10月
♯あと一歩ダケ 前に進もウ♯

リハビリのコト | コメントはありません

ご予約・お問い合わせ:0233-76-2259

MOVIE

ピックアップ

  • 元河原湯のこだわり
  • 観光案内
  • 無料送迎

携帯からもご予約いただけます

INFORMATION

  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

お問い合わせ

宿泊予約

アクセス

ページ上部へ戻る